STREFAとはポーランド語で「ゾーン」の意味だそうです

人気が出るのはうれしいけれど、本当は秘密にしておきたいお店ってありますよね。ワルシャワで、ヨーロピアンスタイルのレストランを探していた私は、そんなとっておきのレストランをたまたま知ったのです! そうは言っても旅行ライターですから、秘密にしないでどんどん書いてしまいますよ。自信を持っておすすめするのは、レストラン「STREFA(ストレファ)」です。

ロマンティックな店内 ロマンティックな店内

素朴なポーランド料理に、ちょっぴり飽きました……

ポーランド旅行が長くなってきて、食事にだんだん飽きてきたころのことです。伝統的なポーランド料理のレストランは、分量が多く素朴で、おいしいことはおいしいのですが、代わり映えしないのです……。ポーランド初のミシュラン一つ星を獲得したことで話題になった「アトリエ・アマーロ」というレストランを、旅行最終日にネットで見つけました。ホテルのコンシェルジュに予約を頼んでみましたが、予約困難の噂通り、満席でした。

酸味の効いた牛肉のタルタル 酸味の効いた牛肉のタルタル

ミシュランの星はなくても同レベルのレストラン!

「アマーロはいつだって満席です。ですが、アマーロでなくても、すてきなレストランはありますよ! 『STREFA』はいかがです?」落胆する私に、コンシェルジュがそう勧めてくれたのです。自信にあふれた彼の言葉を信じることにしました。それなりにドレスアップしていって正解。STREFAの内装は白で統一され、端正ながらロマンティックなムードです。ともすると“田舎風”に転びがちなポーランドのレストランで、こんなに洗練されたレストランもあったとは!

口直しもかわいくてさわやか〜! 口直しもかわいくてさわやか〜!

うさぎ、鴨、乳飲み仔牛、鹿……よりどりみどりのお肉

料理もお酒も、非の打ち所がない品々です。とりわけ、肉の素材の豊富さは、さすがヨーロッパと感心しきり。また、盛り付けも芸術的で美しい! 大きなお皿いっぱいに、どかーんと盛られたポーランド料理ばかり食べてきた身には、舌の前に、まず目が喜んでいます。あとでネット検索で見た写真よりも、明らかに盛り付けの洗練度がアップしているように見えました。まだ、どんどんおしゃれになっている途上なのかもしれません。(後編に続く)

肉の火通しはすべて完璧です! 肉の火通しはすべて完璧です!