page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

【2019年情報】ワルシャワでピエロギ作りを体験してみませんか?英語で学べる料理教室を紹介!


ポーランド料理の特徴は?

ワルシャワ中心部にある料理教室「Polish Your Cooking」 ワルシャワ中心部にある料理教室「Polish Your Cooking」

みなさんはポーランド料理というと何を思い浮かべるでしょうか?先日、旦那さんがスペイン人というポーランド人の奥さまと話をした時、彼女はスペイン料理が素材を活かして味付けが素朴な料理が多いのに対し、ポーランド料理は火をじっくりと通して煮込んだり、ソースをかけたりするものが多いと言っていました。確かに旅先で出会ったポーランド料理は、スープ、煮込み、ソースが印象的。あとはソーセージやジャガイモ、パンが美味しく感じました。さて、そんなポーランド料理の中でも比較的よく知られており、旅行中に食べる機会もあると思うのが「ピエロギ」です。

ピエロギとはどんな料理?

ピエロギとは、簡単に言えば「ポーランド風水餃子」でしょうか。小麦粉などで作った生地を延ばし、その中にジャガイモ、ひき肉、玉ねぎなどを練った具を包んで茹でたもので、見た目は水餃子です。食べ方はそのままの場合もあれば(具材に味が付いている場合)、サワークリームやバターなどをつける場合もあります。ポーランドではテイクアウトの専門店もよく見かけました。
さて、今回紹介するのは、そんなピエロギ作りを学べるワルシャワの料理教室です。料理学校の名前は「Polish Your Cooking」。英語で「Polish」とPを大文字で書くと「ポーランド(人、語)の」という形容詞ですが、小文字で書けば「磨く」という動詞になります。つまり「ポーランドの」だけでなく「あなたの料理の腕を磨け!」という意味もかけているんですね。

ピエロギのレシピは?

材料はすべて用意されています 材料はすべて用意されています

授業は簡単な英語で行うので、ポーランド語を知らなくても大丈夫。英語もまた、個人旅行ができる程度のレベルなら問題ないでしょう。それにお手本となる動作を見ればだいたいわかります。また料理の材料やエプロンなどもすべて用意されているので、旅行の合間に何を用意するでもなく行っても大丈夫です(予約は必要です)。まずは小麦粉を練って生地を作るところから始めます。生地を適当な大きさに切って丸めて、麺棒で延ばす。これは餃子の皮を作るのと同じ要領ですね。次に中に入れる具の部分を作ります。私の時は2種類の具を作りました。ひき肉とジャガイモがメインのものと、チーズとジャガイモを入れたものです。それに塩、胡椒、玉ねぎなどを加えて味付けして混ぜ、具を作ります。あとはそれを包んで、茹でるのです。

体験型の旅も楽しい!

ピエロギがうまく包めたら、まとめて茹でる ピエロギがうまく包めたら、まとめて茹でる

こう書くと簡単ですが、それがテキパキとできるかは料理慣れしているかによりますね。ピエロギの皮もうまく作らないと破けてしまったり、いびつになったり(笑)。皮の閉じ方ですが、シンプルなものから装飾的なものまで様々。先生がいろいろ教えてくれますよ。さて、出来上がったピエロギを最後にみんなで試食します。味が思ったりより薄かったり、胡椒を入れすぎて辛かったり。でも形が悪くても、自分が作ったものには愛着を感じるはずですよ。
ベーシックコース(199ズウォティ、約5400円)では、朝食、ピエロギ、デザートの3品、スタンダードコース(249ズウォティ、約6800円)ではそれにポーランドリキュールのテイスティングも付きます、場所はワルシャワ中心部、地下鉄のRatusz Arsenal駅から徒歩2分の距離。こんな体験を、あなたのポーランド旅行のプランに加えてみてはいかがですか?

●取材協力 : ポーランド政府観光局/LOTポーランド航空

Deta

●Polish Your Cooking
[HP]polishyourcooking.com/en/

※この情報は2019年10月現在のものです。内容には変更があるかもしれないので、最新情報は該当のホームページなどでご確認ください。

※1ズウォティ=約27.1円(2019年10月現在)

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/12/06)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索