page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

【2019年情報】ワルシャワに行くなら、人気のワジェンキ公園の無料ショパン・コンサートへ


ワルシャワ市民の憩いの場・ワジェンキ公園

毎夏、日曜日にワジェンキ公園で行われる無料のショパン・コンサート 毎夏、日曜日にワジェンキ公園で行われる無料のショパン・コンサート

ポーランドの首都ワルシャワ。その中心部から南に2〜3kmにあるワジェンキ公園は、18世紀にポーランド最後の国王によって宮殿とあわせて建設されたものです。公園は緑も多く、ワルシャワ市民の絶好の憩いの場になっています。私が訪れたのは夏の日曜日だったので家族連れが多く、和やかな雰囲気が漂っていました。公園内には池の傍に建つことから「水上宮殿」とも呼ばれるワジェンキ宮殿があります。第二次世界大戦中に破壊に遭い現在の姿は再建のものですが、17〜18世紀の美術品などが展示されています。

毎年夏に公園で開かれる無料のショパン・コンサート

緑が多いワジェンキ公園 緑が多いワジェンキ公園

さて、夏期にワジェンキ公園を訪れたらぜひ見て欲しいのが、毎年5月中旬から9月末まで(2019年は5月19日から9月29日)の毎日曜日に行われている無料のショパン・コンサートです。公園の西側に1926年に建てられたショパン像がありますが、その像の周りの芝生の緑地を観客席に使い、正午と16時の1日2回ピアノコンサートが行われます。2019年はちょうどこの公園でのショパン・コンサートの60周年記念の年で、世界各国から42名の著名なピアニストが演奏するプログラムが組まれていました。ちなみに私が行った日はMarek Drewnowskiさんというポーランド出身の72歳のピアニストの方でした。全体のスケジュールを見ると、42名の演奏者の中に5名も日本のピアニストの方がいることにも驚きました。

のどかな雰囲気の中でショパンの調べが

コンサートはショパン像の脇で行われる コンサートはショパン像の脇で行われる

私が行ったのは正午の回。会場に着くとちょうど演奏が始まったところでした。強い日差しの中ですが、人でいっぱいです。みんな思い思いに座ったり寝転がったり、あるいは後ろの方で立って演奏を聴いています。その中でゆったりと、しかし時には激しく、ショパンのピアノ曲の調べが公園に流れていきます。前の方で真剣に演奏を聴いている者もいれば、後ろの方ではBGMとして寝転がったり、飲み物を飲んだり、アイスを食べたりしている家族連れも。穏やかな時間がそこには流れていました。

ショパン・コンサートを見に行く方へのアドバイス

思い思いにくつろいでショパンの音楽を楽しむ 思い思いにくつろいでショパンの音楽を楽しむ

ベンチやデッキチェアは早めに行かないと座れないと思うので、芝生の上に敷けるレジャーシート的なものを持っていくといいでしょう。あとは晴れると日差しが強いので、サングラスや日焼け止めもあるといいかもしれません。ちなみに雨天の場合ですが、荒天でなく普通の雨ぐらいなら開催されるそうです。また、ワジェンキ公園は公衆トイレが少ないので、コンサートが始まる前に用は済ませておくといいでしょう。公園へは市内中心部からバスやトラムで行くことができます。バスの場合はLazienki Krolewskie、トラムの場合はPlac Unii Lubelskiej で下車です。それでは、ワルシャワ滞在中にスケジュールが合うようでしたら、ワジェンキ公園のショパン・コンサートへ行ってみてはいかがでしょうか。

●取材協力 : ポーランド政府観光局/LOTポーランド航空
●ワジェンキ公園 公式HP www.lazienki-krolewskie.pl/en
※この情報は2019年8月現在のものです。内容には変更があるかもしれないので、最新情報は該当のホームページなどでご確認ください。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/11/10)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索