5つ星ホテルの朝食は、さすがの一言

「海外旅行のホテル選びで迷ったら。」の後編です。さて、ポーランドのワルシャワで次に泊まったのは「ウェスティン・ワルシャワ」です。「スターウッド・ホテル&リゾート」の高級ホテルブランドですね。ワルシャワのウェスティンは、ワルシャワの中でも最高級クラス。かといって敷居の高い雰囲気はありません。特筆すべきは、朝食の種類の豊富さ。食べ物だけでなく、紅茶やスムージーなどの飲み物もたくさんあり、ディスプレイも素敵なんです。何種類も並んだハムやフルーツのコンポート、おしゃれなフィンガーフードなどなど、毎朝が楽しみになりますよ!

右側にあるのは、なんと中華粥 右側にあるのは、なんと中華粥

上品で華やか、落ち着くホテルです

ウェスティンブランドの特徴である、きらびやかなムードは、この「ウェスティン・ワルシャワ」ではさほど目立ちません。ロビーのインテリアや飾り付けはモダンで凝っていますが、全体に落ち着いた雰囲気で、それも好感が持てました。お部屋も奇を衒わずシンプルです。こちらのコンシェルジュに、レストランの予約をお願いしましたが、ワルシャワでもトップクラスの素晴らしいレストランを教えてくれましたよ(そのお話は、また別稿でします!)。

モダンなエントランスです モダンなエントランスです

バーも利用してみましたよ

また、グランドフロアにある小さなバーでメニューにないカクテルをオーダーすると、バーテンダーさんは「大丈夫!」と請け合って、カクテルブックを引っ張り出して作ってくれたのです。初めて作ったとは思えない、キリッと引き締まったカクテルでした。前項のコンシェルジュにもこのバーテンダーにも、気持ちよくチップを渡せました。こんなふうに、思っていなかった場面で嬉しい思いをすると、そのホテルが好きになりますよね。

昼間から一杯飲みたくなるようなバーです 昼間から一杯飲みたくなるようなバーです

旅の印象を大きく左右するのがホテルだから……

ワルシャワでは、このように大手ホテルチェーンに頼る旅をしましたが、両方ともほどよい距離感のサービスが心地よく、この選択は正解でした。世代の異なる家族の面々も、それぞれに満足していました。ワルシャワに限らず、都会には多くのホテルがありますよね。素敵な滞在ができるよう、慎重に選びたいですね!

寝心地のいいベッドも重要です 寝心地のいいベッドも重要です