ヨーロッパへ行くなら、まずはポーランドへ

成田とワルシャワ間を結んでいるLOTポーランド航空。2018年12月現在、週5往復の運行ですが、2019年3月26日から、なんとデイリー運行になります。これは便利ですね! 旅行者にとってありがたいのは、ハブとなるワルシャワ空港の最少乗り継ぎ時間が30分ということ。コンパクトな空港なのですね。ただし、最近は路線が多くなったことや、昨今のヨーロッパ事情もあり、セキュリティ検査に時間がかかります。乗り継ぎ時間は、たっぷりとっておいたほうがいいですよ。それでも、長い通路を延々と歩かされるようなことはありませんから、ご安心を!

成田空港に駐機中のポーランド航空のドリームライナー 成田空港に駐機中のポーランド航空のドリームライナー

機内ではポーランドの味を堪能?

お楽しみの機内食は、親日国家のポーランドらしく日本食を意識したものもありますが、ポーランドの味です。美味しくいただきましょう。ところで、日本線に積んでいるスナックに面白いものがあるのですよ。客室乗務員さんが機内に配りにくることはありませんが、ギャレーに行くとカップヌードルがもらえます。小腹がすいたときにピッタリ。そのネーミングがユニーク。「OYAKATA」というのです。味の素の製品ですから、味には間違いはありませんが、何とも愉快な名前のラーメンですね。私も美味しくいただきました。なお、事情によりOYAKATAラーメンの搭載がない場合もありますので、その場合は別のスナックをもらいましょう!

機内のスナックにはカップラーメンが 機内のスナックにはカップラーメンが

ワルシャワ空港での注意事項あれこれ

ワルシャワ空港は、コンパクトで使いやすい空港です。ですが、乗り継ぎには余裕を持ってくださいね。そして、さらに旅を快適にするための注意事項も少しお知らせしましょう。ポーランドのお土産は、できるだけ市内で買いましょう。空港では、お店の数がとても少ないのです。また、ウォッカなどは、市内と値段はさほどかわりませんが、その他のものは高いものが多いです。もちろん、スーツケースの預け入れには重さ制限がありますから、お土産の買いすぎには気をつけて! また、レストランやカフェも少なく、値段が高いこともあるので、注文前にしっかり値段を確かめてください。では、皆さん、ポーランド航空で楽しい旅を!

ワルシャワ空港はコンパクトです ワルシャワ空港はコンパクトです