毎年恒例! ポーランドの陶器祭り

雑貨屋さんでよく見かけるな、と思っていたら、最近とみに人気がでてきたポーランドの陶器。可愛い柄が特徴のそれは、ポーランドの南西部にある小さな町で作られています。その町の名前は、ボレスワヴィエツ。舌をかみそうな名前ですが、ポーランド国内だけでなく、世界各国にファンがいる陶器を作る町です。カラフルな花など独特の絵柄は、とても素敵。こんな食器で食事をしたら、毎日楽しそうです。ポーランドの首都、ワルシャワにもボレスワヴィエツ陶器のお店がありますが、やっぱりファンとしたら「聖地巡礼」といきたいところですね。

ボレスワヴィエツ陶器のほんの一例 ボレスワヴィエツ陶器のほんの一例

2018年の日程決定! メモしてくださいね

ボレスワヴィエツでは、年中お店は開いていますし、見学を受け付けてくれる工房もあります。ですが、ファンとしては年に一度のお祭りを狙いたいところですね。毎年、夏に陶器祭があるのですよ。2018年の日程も決定しました!

ボレスワヴィエツ陶器祭
2018年8月15日〜 8月19日

ちょうどお盆にあたるので、例年この時期の飛行機のお席はたいへん取りづらいです。「今年はぜひボレスワヴィエツ陶器祭に行きたい!」ということでしたら、早めに飛行機のお席を押さえることをオススメします。

ボレスワヴィエツへのアクセスは?

ボレスワヴィエツは、とても小さな町で宿泊施設はあることはあるのですが、とても少ないです。近隣のブロツラフに宿泊して、ここから列車でアクセスすることをオススメします。ブロツラフには空港がありますので、空路が便利です。やはりポーランド航空が一番。その他にも、ルフトハンザドイツ航空などがブロツラフへの路線を持っていますので、スケジュールにあわせて飛行機を予約しましょう。ただし、時期がお盆だということにくれぐれも気を付けて。あっという間に、座席がなくなってしまいますよ。早めの予約で、ボレスワヴィエツ陶器祭を楽しんでくださいね!