ポーランドはワルシャワとクラクフだけではありません

ポーランドへの旅行というと、やはり成田から直行便が飛んでいるワルシャワ、そして古都クラクフが思い浮かびますね。もちろん、これらの二都市は是非訪れてほしいのですが、ポーランドの見どころはそれだけではないのですよ。私のオススメはブロツラフ。位置はクラクフよりも西でクラクフから列車で入ることもできますが、空港もありますから、ワルシャワで乗り継いで空路でアクセスすることもできますよ! とても便利です。

ブロツラフの町中で見つけた可愛い小人 ブロツラフの町中で見つけた可愛い小人

ヨーロッパの魅力的な訪問地、ブロツラフ

ヨーロッパの魅力的な訪問地を投票で決めるヨーロピアン・ベスト・デスティネーションズの2018年の第1位にブロツラフが選ばれました!

ヨーロピアン・ベスト・デスティネーションズのURL(英語)
https://www.europeanbestdestinations.com/european-best-destinations-2018/

ブロツラフ市内には運河があり、たくさん橋が架かっていること、また美しい町並みもありポーランドのベネチアともよばれています。また、世界最大の鉄筋コンクリートドーム建築として知られる百年記念会館もあり、建築に興味がある方にもおすすめの町です。ちなみに、百年記念会館はユネスコ世界遺産に指定されているのですよ!

ブロツラフの町歩きを楽しもう!

ユネスコ世界遺産の建築物はもちろん素晴らしい見どころなのですが、ブロツラフでは町歩きを楽しみたいですね! この町は、カラフルな町並みを楽しめるほか、ユニークな彫像があるのです。それは、小人。町のいたるところに小人像があり、その数は250体以上とか! しかも、今も増え続けているというのですから、オドロキです。観光のために、ブロツラフ市が小人の設置を奨励しているようです。小人の一体一体には名前がつけられており、職業もあるとか。小人のファンもいて、小人を見つけては写真におさめているみたいですよ。ブロツラフは、アクセスもいいですし、ユネスコ世界遺産ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群、またポーランド陶器で有名なボレスワヴィエツも近いので、ブロツラフに何泊かして、こういった見どころを訪れてもいいですね!