ブサコ旅行・ブサコ観光徹底ガイド

ブサコ旅行・ブサコ観光徹底ガイド

ブサコ旅行・観光の見どころ・観光情報

古都コインブラから北に約30kmに位置する、豊かな自然に恵まれたブサコ国立公園。公園内には煌びやかな装飾に彩られたホテルがあり、ここに宿泊または観光することがブサコ訪問の目的のほとんどとなる。もとは王室の狩猟のために19世紀に建てられたこの離宮は、ネオ・マヌエル様式の豪華なホテルとしてその後転用され、現在では多くの観光客の憧れのスポットとなっている。滞在時間には余裕を持って、ホテルの中だけでなく、カルメン会派の修道士によって作られた静謐な森や美しい庭園をじっくり散策することをおすすめする。また、ホテルに隣接している17世紀築の修道院も大事なスポットなのでぜひ訪れたい。(2016年9月編集部調べ)

ブサコへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/03/31現在) フライト時間 現地との時差
ポルトガル語 EUR 1 EUR = 119.2551 JPY 約15時間 約-9時間

ブサコの人気問合せ情報

ブサコの最安値カレンダー

ブサコ旅行・観光の選び方

神聖な森に建つ憧れの5つ星宮殿ホテルで、優雅で贅沢な一夜を楽しもう!

ツアー期間が8〜10日間のポルトガル周遊型ツアーに、ブサコ滞在が含まれることが多い。世界遺産都市シントラにある近年話題のレガレイラ宮殿と同じくルイジ・マニーニが改修した館内は、壁や柱、窓などいたるところにネオ・マヌエル様式の優美な彫刻が施され、壁一面のアズレージョや絵画、調度品など装飾も徹底しており、宮殿の5つ星ホテルに相応しい風格が漂っている。シャンデリアが輝くレストランでは、ホテル独自のワイナリーで作られたオリジナルワインやコインブラ地方の郷土料理を、華やかな空気の中で楽しむことができる。ホテルの中だけでなく、美しい庭園やすぐ隣の修道院、散策路の整備された森の中を歩いて贅沢な時間を楽しもう。(2016年9月編集部調べ)


ブサコのグルメ・伝統料理

ブサコ・パレス滞在中は、美しい内装が施された館内のレストランでの食事がメインとなる。試してみたいのはコインブラ地方の名物「シャンファーナ」。山羊の肉をワインと香草で煮込んだ郷土料理で、クセがありそうだが意外とあっさりしている。この地方のもうひとつの名物料理の「バイラーダ風乳飲み仔豚のロースト」は、パリパリに焼けた香ばしい皮と肉汁たっぷりのジューシーな肉の旨さを堪能する一品だ。ブサコ・パレスのワイナリーで作られるワインが料理の美味しさを引き立て、グルメな人もきっと満足できるだろう。(2015年編集部調べ)

ブサコのショッピング情報

ブサコ・パレスでのお土産に外せないのは、ここでしか手に入らないホテルのオリジナルワインだ。ブサコ・パレスを含むバイラーダ地方は古くからワインの産地として知られ、原産地管理呼称地域(D.O.C)に認定されている。ブサコ・パレスでのワインの製造は1920年から始まり、伝統的な製造方法で赤ワインと白ワインを独自に熟成。レストランのワインリストには数十年にわたるヴィンテージが揃っており、ホテル内のショップでも購入できるのが嬉しい。(2015年編集部調べ)

ブサコの気温・降水量ベストシーズン情報

気候は1年を通じて温暖。乾季でもある6〜9月がカラッとした晴れの日が多いベストシーズン。ただし朝晩は肌寒く感じることもあるので、服装は長袖の羽織るものを持参しよう。10〜2月は雨が多く、1日のうちでも天気が変わりやすい。(2015年編集部調べ)

ブサコの人気ツアー

ブサコ旅行・ブサコ観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top