世界遺産「トマールのキリスト騎士団の修道院(トマールの修道院)」の詳細情報

ポルトガルの世界遺産・名所ガイド

Convent of Christ in Tomar

トマールのキリスト騎士団の修道院

名称:トマールのキリスト騎士団の修道院(ポルトガル
英語名称:Convent of Christ in Tomar
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1983年

テンプル騎士団が下肢された地に建設した修道院

ポルトガル最大規模にして最高の保存状態を誇るこの修道院は、12世紀半ば、ローマ教皇直属の軍事団テンプル騎士団によって建造されたテンプル騎士団教会を中心としている。十六角形の外周と内部に八角形の洗礼堂をもつスタイルは、エルサレムにある聖墳墓教会を模したもの。騎士たちはこの教会の周りを馬で回りながら祈りを捧げ、戦場に出向いていったという。また12世紀半ばにイスラムの侵攻に備えて建造された城塞は、ポルトガルに現存する最古の城壁とされている。14世紀に解散となったテンプル騎士団の後もキリスト騎士団に受け継がれ、その後数百年におよぶ増改築が重ねられた。12〜16世紀の多彩な建築様式や彫刻、装飾が取り入れられた修道院は、1983年世界遺産に登録された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ポルトガルの世界遺産最新情報

2017/02/11 世界遺産

夕焼けどきがベスト! 世界遺産の古都ポルトに架かる巨大なドン・ルイス1世橋

ポルトガル旅行イメージ-ドン・ルイス1世橋南側から眺めるポルトの夕焼け ドン・ルイス1世橋南側から眺めるポルトの夕焼け

ポルトガル第二の都市ポルト。ローマ時代の5世紀ごろにはすでに港町として栄えていたという長い歴史を持ち、当時呼ばれていたラテン語名「ポルトゥス・カレ(カレの港)」が、実は「ポルトガル」という国名の由来になったとされています。ドウロ川を中心に丘状に作られた風光明媚な町並みは「ポルト歴史地区、ドン・ルイス1世橋およびセラ・ド・ピラール修道院」として世界遺産に登録されており、観光地として大人気の都市でもあります。また、ポルトガル屈指の名酒「ポートワイン」が出荷される港町としても知られ、ワイナリーもいくつもあります。そんなポルトの中でも特に人気の観光スポットである「ドン・ルイス1世橋」について今回はご紹…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ポルトガルの世界遺産「トマールのキリスト騎士団の修道院」についてご紹介します。トマールのキリスト騎士団の修道院の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。