世界遺産「アルト・ドウロのワイン生産地域(アルト・ドーロ)」の詳細情報

ポルトガルの世界遺産・名所ガイド

Alto Douro Wine Region

アルト・ドウロのワイン生産地域

名称:アルト・ドウロのワイン生産地域(ポルトガル
英語名称:Alto Douro Wine Region
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2001年

ドーロ川上流に広がる階段状のブドウ畑とその周辺

ポルトガル北部のドウロ川上流に位置するアルト・ドウロは、「液体の宝石」と称されるポート・ワインの故郷。ドウロ渓谷は夏は暑くて冬は寒く、雨量が少ない。この自然環境をうまく生かしたブドウの栽培で知られ、その歴史は、約2000年前にまでさかのぼる。丘の斜面に続く階段状のブドウ畑の総面積は、じつに25万haにもおよぶ。点在する白壁の農家やワイン醸造施設、聖堂、道路などは、ヨーロッパの伝統的なワイン醸造地の特徴を示している。アルト・ドウロ産のブドウは、ドウロ川河口のポルトまで運ばれポート・ワインとなる。豊かな香りと強い甘みをもつポート・ワインは、18世紀以来、世界中のワイン愛好家に親しまれている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ポルトガルの世界遺産最新情報

2014/10/02 世界遺産

キリスト教徒の村人を守った、ポルトガルのトマールのキリスト教修道院

ポルトガル旅行イメージ-キリスト教徒の村人を守った、ポルトガルのトマールのキリスト教修道院 キリスト教徒の村人を守った、ポルトガルのトマールのキリスト教修道院

ポトルガルのコインブラから南へ約20kmのところに、世界遺産に登録されたトマールのキリスト教修道院があります。ロマネスク、ゴシック、ルネサンスといった様々な建築様式が融合した修道院で、外観はまるで要塞のようです。それはこの修道院を築いたのがテンプル騎士団だったからです。テンプル騎士団は中世ヨーロッパで活躍した騎士の修道会で、もともとはエルサレムへ巡礼へ向かうキリスト教徒を保護するための組織でした。そのテンプル騎士団が12世紀にこの修道院を造り、イスラム教徒で、北アフリカからやってくるムーア人に対する防波堤の役目を果たしていました。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ポルトガルの世界遺産「アルト・ドウロのワイン生産地域」についてご紹介します。アルト・ドウロのワイン生産地域の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。