リスボングルメ・料理ガイド

リスボングルメガイド

リスボンのグルメ・伝統料理

西と南が海に面したポルトガルの代表的なグルメは魚介類。リスボンの郷土料理ともいえるイワシの塩焼きは、道端で炭火焼きされていたりして日本人なら親近感を覚えるだろう。またタラは365日分の調理法があるといわれる国民食で、リスボンでもバカリャウ・ア・ブラシュ(干しダラと玉ねぎ、フライドポテトの卵とじ)などの定番料理を豊富に味わえる。肉類では豚がもっともポピュラーでポルコ・ア・アレンテジャーナ(豚肉とアサリの炒め物)などは絶品だ。食事がすんだら、おやつには日本でもおなじみのエッグタルトを。街角にはエッグタルト自慢の店もたくさん並んでいる。(2015年編集部調べ)


リスボンのレストラン・屋台

ポルトガルの首都だけに、イタリア、スペイン、北アフリカ、和食も含むアジアンにファーストフード…と何でも揃うグルメシーン。レストラン以外にもパステラリア(カフェ)、バルなど「ちょっとつまめるところ」がひしめいている。観光客が利用しやすいポルトガル料理の店はバイロ・アルト地区やバイシャ地区に多い。とくにバイロ・アルト地区には、ファド(ポルトガルの民族歌謡)を聴きながら食事できる店もあるので滞在中一度は出かけてみたい。また、カフェ文化が深い土地だけに有名なパステラリアもいくつかある。とくにエッグタルトの超有名店「パスティス・デ・ベレン」はいつも行列だ。

リスボンの水・お酒

ポルトガルの水道水は飲用しても問題ないが、石灰分を多く含む硬水のため、日本人は苦手に感じる人が多い。市販のミネラルウォーターを飲用するのが無難だ。ガス入り・ガスなしがあるので注意を。食事の供にするお酒は、ポルトガル産のワインがおすすめ。ヴィーニョ・ヴェルデとヴィーニョ・ド・ポルト、マデイラ・ワインなどがあるのでお店の人と相談して料理に合うものをチョイスしよう。他に好まれている飲み物といえば、ビカまたはカフェと呼ばれるエスプレッソ。これにミルクを加えるとガロト、お湯を足すとカリオカ…等々と様々に名前が変わる。


現地ガイド発!リスボンのグルメ・料理最新情報

2016/06/25 グルメ

世界のデザート〜 ポルトガル発の一口で、幸せ一杯になるスイーツ

リスボン旅行イメージ-世界のデザート〜 ポルトガル発の一口で、幸せ一杯になるスイーツ 世界のデザート〜 ポルトガル発の一口で、幸せ一杯になるスイーツ

「エッグタルト」と言った方が、聞き覚えある人も多いかと思いますが、発祥の地ポルトガルでは、「パステル・デ・ナタ」と呼ばれています。「ナタ」とはクリームのことで、パイ生地のタルトにカスタードクリームが入ったデザート菓子のこと。実は、地元ではもう一つの別名、「パステル・デ・ベレン」とも呼ばれています。リスボンの中心から西へ行ったところにある地区、べレンが発祥だからです。この地区へはトラム(路面電車)15番で行くことができます。続きを見る


リスボンのグルメ・料理ガイド記事

リスボンの記事一覧を見る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


リスボングルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるリスボンの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
リスボンのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!