オビドスグルメ・料理ガイド

オビドスグルメガイド

オビドスのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

ポルトガル料理はオリーブオイルやガーリックを多用し、ハーブで味に奥行きを与えながら海や山の幸の素材の持ち味を生かしたシンプルなものが多い。1000もの調理法があるというタラ(バカリャウ)料理や、鴨、七面鳥、ヤギなどの滋味豊かな肉料理が美味しい。オビドスの潟で獲れた魚のカルディラーダ(ポルトガル風ブイヤベース)、ウナギのフライなどの郷土料理と選り抜きの地元のワインを合わせた食事は、グルメも満足するだろう。さくらんぼの甘いリキュール、ジンジーニャもオビドスの特産だ。(2015年編集部調べ)


オビドスのレストラン・屋台

城壁に囲まれた小さな中世の町オビドスのレストランは、城壁の内外にある。観光客相手のところがほとんどなので料金は高めだが、特に城壁の外に中世の雰囲気を残した郷土料理のレストランがいくつかある。またオビドスのポザーダ(国営ホテル)は15世紀の優雅な城を改装したものでポルトガルのポザーダで最も人気があり、そのレストランも評判が高いので、宿泊しなくても食事に訪れてみたい。城壁や町の散策の合間に、メインストリートのディレイタ通りのカフェでポルトガルのスイーツを食べるのもいいだろう。

オビドスの水・お酒

城壁の中には居酒屋風の雰囲気たっぷりのバールがあるので、特産のジンジャ(さくらんぼの一種)のリキュール、ジンジーニャを試そう。オビドス産は質がよいことで有名だ。甘くて美味しいがアルコール度が20%前後と高めなので飲みすぎには注意。またチョコレートでできた小さなカップにジンジーニャ入れて売られているので、町歩きの合間にジンジーニャを飲んでからカップをがぶり、というのも楽しい。ワインの名産地ポルトガルでの食事には是非、地元産のワインを合わせていただきたい。水道水は飲用に適しているが、石灰を含む硬水なので、ミネラルウォーターを購入するといいだろう。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


オビドスグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるオビドスの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
オビドスのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!