page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ポルトガルが始まった世界遺産の街ギマランイス


掲載日:2014/09/28 テーマ:観光地・名所 行き先: ポルトガル / ポルト

タグ: 街歩き 建築 歴史


歴史的な建物が並ぶ街の古びた路地裏

ポルトガルが始まった世界遺産の街ギマランイス ポルトガルが始まった世界遺産の街ギマランイス

ポルトガル北部では、ポルトの次に観光客が多いのがギマランイスです。ここは中世以来の歴史的建築物が評価され、世界遺産に登録されたそうです。ポルトガルの町はどこも古い建物ばかるなので、ギマランイスの建物の古さにその違いを理解するのは容易ではありませんが、10世紀に建てられたギマランイス城、12世紀のサン・ミゲル教会、15世紀のブラガンサ公爵館といった中世の古い建物がずらりと並んでいます。その一方で、路地裏を歩くと、少し傾いた古い木造の家並みに人々の生活感がにじみでていて、歴史的な古さではなく、少し枯れた普通の生活を味わう街歩きには絶好の町です。

ポルトガルで2番目に人気がある街

だからでしょうか、この街はポルトガル人にも人気が高く、新聞の調査ではポルトガルでは2番目に住みやすい環境の街だという評価を受けたそうです。2012年には、欧州文化首都となり、1年間にわたって集中的に各種の文化行事も開催されたそうですから、見かけの古さだけでなく、文化的な評価も高いのかもしれません。リスボンのある中部よりも、こちらの北部は全般的に物価が安く、それも住みやすいという評価につながったのでしょうか。

ポルトガルはここから始まった

さて、そのギマランイスで最も知られているのは、ここが初代ポルトガル国王アフォンソ・エンリケス生誕の地であるということです。のちのアフォンソ1世は12世紀初め頃ここで生まれました。当時はまだポルトガルという国はなく、このあたりはカスティーリャ王国の勢力圏でしたが、1128年、アフォンソ1世はギマランイス近郊のサン・マメデの戦いでカスティーリャ王国の一派を打ち破り、ポルトガルを独立に導きました。それでギマランイスの街の入口には「ここにポルトガル誕生す」と書かれています(もっともこの文字は近年になって付けられたものです)。残念ながら1131年に、アフォンソ1世は首都をコインブラへ移してしまいましたが、ギマランイスこそポルトガル最初の首都だったのです。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/09/28)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索