世界遺産「キージ島の木造教会と集落(キジー島)」の詳細情報

ロシアの世界遺産・名所ガイド

Kizhi Pogost

キージ島の木造教会と集落

名称:キージ島の木造教会と集落(ロシア
英語名称:Kizhi Pogost
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1990年

キジー島の職人たちの技を今に伝える木造建築物群

ロシア連邦カレリア地方のオネガ湖に浮かぶキージ島は、ロシア正教会の美しい木造教会建築群で知られる。島全体が特別保存地域に指定され、各地から教会建築、個人住宅などが移築された。中でも代表的なものはプレオブランジェンスカヤ教会で、16世紀に建てられたが1690年に落雷で焼失し、1714年に再興された。22の玉ねぎ型ドームが配され、最上部は高さ37mもあるユニークなもの。その南側にあるポクロフスカヤ教会は1764年に建築され、8つの小ドームを持つ。2つの聖堂の間に八角形の鐘楼がある。近隣には、農家、風車小屋、納屋、鍛冶屋、浴場などがあり、島全体が木造建築の野外博物館になっている。これらの建築物は釘をまったく使用せず、すべて木製であり、様式の異なる複数の建築によって構成されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ロシアの世界遺産最新情報

2012/04/30 世界遺産

観光シーズン間近!フライングスタートで、あの「琥珀の間」を見に行こう!

ロシア旅行イメージ-ロシアの優雅な記憶がここに凝縮!エカテリーナ宮殿 ロシアの優雅な記憶がここに凝縮!エカテリーナ宮殿

春の到来を祝うロシア行事・マスレーニッツァを迎え、日に日に日没の時刻が延びている春先のロシア。雪はまだ残り、寒い現実は否めないですが、ひと月ほど前まで続いていた−20℃という一瞬にして凍りつくような寒さも、今では−5℃程度に上昇し、活動できる温かさに!今回は、観光シーズンの白夜の季節にはツアー客が優先され、個人旅行では入場制限がかけられてしまいがちの世界遺産、ツァールスコエ・セローの魅力をご案内いたします。続きを見る


ロシアの世界遺産ガイド記事

ロシアの記事一覧を見る


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ロシアの世界遺産「キージ島の木造教会と集落」についてご紹介します。キージ島の木造教会と集落の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。