世界遺産「ノヴゴロドと周辺の歴史的建造物群(ノヴゴロド)」の詳細情報

ロシアの世界遺産・名所ガイド

Historic Monuments of Novgorod and Surroundings

ノヴゴロドと周辺の歴史的建造物群

名称:ノヴゴロドと周辺の歴史的建造物群(ロシア
英語名称:Historic Monuments of Novgorod and Surroundings
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1992年

貴重な建築の残るロシア最古の都市

ロシア北西部のヴォルホフ川の岸辺にあるロシア最古の都市。9世紀に、ノルマン公のリューリクがロシアの起源といえるノヴゴロド国(「新しい街」の意味)を建設した。ノヴゴロド国は、クレムリン(城塞)を築いた後、12〜15世紀には、ヨーロッパとロシアとの交易の要衝として、商業都市の隆盛を極めた。ソフィスカヤ側と呼ばれる西岸は、13基の塔のあるノヴゴロド城塞で囲まれ、11世紀の聖ソフィア大聖堂が建つ。ヴォルホフ川を挟んで東岸はトルゴヴァヤと呼ばれ、ヤロスラブ宮廷跡や14世紀のスパソ・プレオブラジェーニエ聖堂(救済教会)をはじめとする中世の教会など、歴史的建造物群が数多く残されている。また郊外には、1030年創建と伝えられるユリエフ修道院があり、美しいフレスコ画が見られる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ロシアの世界遺産最新情報

2012/04/30 世界遺産

観光シーズン間近!フライングスタートで、あの「琥珀の間」を見に行こう!

ロシア旅行イメージ-ロシアの優雅な記憶がここに凝縮!エカテリーナ宮殿 ロシアの優雅な記憶がここに凝縮!エカテリーナ宮殿

春の到来を祝うロシア行事・マスレーニッツァを迎え、日に日に日没の時刻が延びている春先のロシア。雪はまだ残り、寒い現実は否めないですが、ひと月ほど前まで続いていた−20℃という一瞬にして凍りつくような寒さも、今では−5℃程度に上昇し、活動できる温かさに!今回は、観光シーズンの白夜の季節にはツアー客が優先され、個人旅行では入場制限がかけられてしまいがちの世界遺産、ツァールスコエ・セローの魅力をご案内いたします。続きを見る


ロシアの世界遺産ガイド記事

ロシアの記事一覧を見る


「ノヴゴロド」を含むツアー一覧


最安料金万円

合算 14.30万円23.10万円
旅行代金: 14.3023.10万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
成田発

ロシア ツアー

≪成田発着≫★フィンエアーで行く★ロシア(サンクトペテルブルグ)フリー5日間◆1名様から催行可【カード決済可能】

ホテル:スタンダードクラス(サンクトペテルブルク…
航空会社:フィンランド航空 指定

日程表を見る

...本語ガイド付きヴェリーキー・ノヴゴロド観光ツアー 他 ≪サンクトペテ...

旅行会社/ブランド:アムネット/自遊旅行センター


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ロシアの世界遺産「ノヴゴロドと周辺の歴史的建造物群」についてご紹介します。ノヴゴロドと周辺の歴史的建造物群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。