世界遺産「西カフカス山脈(西カフカス山脈)」の詳細情報

ロシアの世界遺産・名所ガイド

Western Caucasus

西カフカス山脈

名称:西カフカス山脈(ロシア
英語名称:Western Caucasus
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1999年

ヨーロッパ最大の原生林がひろがる野生動物の楽園

黒海からカスピ海にわたって広がるカフカス山脈(コーカサス山脈)の西端、ロシアに位置する西カフカス山脈には、約3520平方キロメートルにわたるヨーロッパ最大の原生林が広がる。湖、滝、湿地、鍾乳洞、氷河なども点在し、変化に富む地形は地質学的にも貴重。豊穣な大地は、低地帯から亜高山帯にかけてオーク、モミ、マツの森林を中心に、コーカサス・ツツジなど約1600種もの多様な植物を育み、3種に1種が固有種である。また野生動物では、オオカミ、ヒグマ、オオヤマネコ、シカなどのほか、絶滅危惧種のヨーロッパバイソンも生息し、60種の哺乳類、246種の鳥類、2500種の昆虫などが確認されている。また、絶滅種のマンモス、オーロックス、野生馬の化石やネアンデルタール人の遺跡が数多く発見されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ロシアの世界遺産最新情報

2012/04/30 世界遺産

観光シーズン間近!フライングスタートで、あの「琥珀の間」を見に行こう!

ロシア旅行イメージ-ロシアの優雅な記憶がここに凝縮!エカテリーナ宮殿 ロシアの優雅な記憶がここに凝縮!エカテリーナ宮殿

春の到来を祝うロシア行事・マスレーニッツァを迎え、日に日に日没の時刻が延びている春先のロシア。雪はまだ残り、寒い現実は否めないですが、ひと月ほど前まで続いていた−20℃という一瞬にして凍りつくような寒さも、今では−5℃程度に上昇し、活動できる温かさに!今回は、観光シーズンの白夜の季節にはツアー客が優先され、個人旅行では入場制限がかけられてしまいがちの世界遺産、ツァールスコエ・セローの魅力をご案内いたします。続きを見る


ロシアの世界遺産ガイド記事

ロシアの記事一覧を見る


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ロシアの世界遺産「西カフカス山脈」についてご紹介します。西カフカス山脈の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。