page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

イルクーツク旅行・イルクーツク観光徹底ガイド

イルクーツク旅行・観光の見どころ・観光情報

中央シベリアの中心都市イルクーツク。かつて交易の中継地として、また金の採掘でも繁栄したため、「シベリアのパリ」と呼ばれた。現在はビルが建ち並ぶ都市だが、ロシア正教の教会やログ造りの家々と町にあふれる花々がかつての様子を偲ばせる。また、イルクーツクは、世界で最も深い湖として知られる世界遺産のバイカル湖観光の拠点。真っ青な美しい湖面が海のように広大に広がるこの湖では、固有の生き物が生息しており、サケの仲間のオームリもそのひとつ。湖畔のレストランでは燻製や塩漬けで味わうことができる。(2016年9月編集部調べ)

イルクーツクへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/10/13現在) フライト時間 現地との時差
ロシア語 RUB 1 RUB = 1.36681 約6時間 約0時間

イルクーツクの人気問合せ情報

イルクーツクの最安値カレンダー

イルクーツク旅行・観光の選び方

シベリア鉄道の旅の基点となる町。極東ロシアの町や周辺諸国まで足を延ばしたい

イルクーツクはシベリア鉄道の中間地点なので、ここを基点にハバロフスクやウラジオストック、さらにはモンゴルのウランバートルや北京などまで訪れるものや、逆にサンクトペテルブルクやモスクワがある西に向かう列車の旅がおすすめだ。飛行機の移動よりも時間はかかるが、車窓からは永久凍土帯の独特な自然が広がり、途中駅では人々の生活を垣間見ることができて興味深い。途中下車もできるので、気になる町に立ち寄りながらゆっくりと移動の旅を楽しもう。ツアー期間は6日間からある。壮大なシベリア大陸横断の鉄道旅行は、胸に深く刻まれる思い出となることだろう。(2016年9月編集部調べ)


イルクーツクのグルメ・伝統料理

ロシアの伝統料理はボルシチが有名だが、保存食の多彩なシベリアでは、さまざまな野菜の酢漬けが食事には欠かせない。イルクーツクでは特にバイカル湖でとれるサケ、オームリの燻製が絶品で、この地方の郷土料理として有名だ。バイカル湖畔ではオームリの屋台が並び、炭火で焼かれていい匂いを漂わせているので、食事の折にはぜひ試してみたい。シベリア鉄道に乗れば、この付近の駅では、地元のご婦人方が売りに来る。これが格安な上にグルメもうなるような絶品だ。 (2015年編集部調べ)

イルクーツクのショッピング情報

ロシアの定番土産といえばマトリョーシカだが、ホテルなどでも買うことができる。ロシアではシラカバは聖なる木とされ、シベリアはその宝庫。イルクーツクではシラカバ細工の民芸品などが売られている。ロシアの陶磁器で有名なのがグジェリ。ブルーの染め付けで描かれた植物がかわいらしい。食器、置物と多種多彩なものが制作されている。カラフルな陶磁器で知られているのがロモノーソフ陶磁器。絵柄が楽しく、日本の数分の一の価格で買えるのでおすすめだ。 (2015年編集部調べ)

イルクーツクの気温・降水量ベストシーズン情報

冬のシベリアの気象は極寒なので、旅のシーズンは春から秋の4月から10月にかけてがベストだ。服装も同時期の日本とほぼ同じですむ。冬は厳しい寒さだが、氷で覆われた美しいバイカル湖を見ることができる。 (2015年編集部調べ)

イルクーツクのオススメツアー

イルクーツク旅行・イルクーツク観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook