page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ロシア・モスクワ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

夢と冒険心を胸に!宇宙開発めざましいロシアを体感 


掲載日:2013/06/18 テーマ:観光地・名所 行き先: ロシア / モスクワ

タグ: ロマン 一度は行きたい 歴史


50年以上前の記憶も未だ色濃く鮮明に

大国ロシアを感じる記念ミュージアム 入館者数は年間約300,000人とか 大国ロシアを感じる記念ミュージアム 入館者数は年間約300,000人とか

1961年4月12日。何の記念日かご存じですか?この日は「地球は青かった」の一言で広く知られている、ロシア人宇宙飛行士ユーリィ・ガガーリン氏が人類史上初めて宇宙を飛行した特別な一日。目を見張る大きな進歩を成し遂げたあの日から半世紀以上経つ今もなお、ガガーリン氏はロシア人にとって絶大なるヒーロー。ご年配の方とお話しすれば、どのお方も当時の偉業を誇らしげに、そして嬉しそうに語ります。今回はそんなこの国の人たちの思いがたっぷりと詰まった記念ミュージアムへとご案内いたします。

思わず歓声 宇宙へと続く巨大記念碑

宇宙征服者のオベリスク  力強いモニュメントにこれから始まる観光に期待が高まるはず 宇宙征服者のオベリスク  力強いモニュメントにこれから始まる観光に期待が高まるはず

地下鉄ВДНХ駅から徒歩1分。先端のロケットが今にも大気圏を越え、宇宙空間へと旅立ってしまうかのような錯覚に陥る大迫力のモニュメントが目印の宇宙飛行士記念公園。園内ではこのモニュメントのほか、ソビエト時代の宇宙開発を支えてきた偉人たちの記念像が訪れるすべての人を迎えてくれます。公園には宇宙飛行士記念ミュージアムが併設され、観光客はもちろん、家族連れや先生と生徒たちでいつも大賑わい。こんなにも銀河の世界が身近に感じられるロシア人の子供たちの環境がきっと羨ましくなりますよ。

宇宙の神秘に思いを馳せて巡る充実の空間

1961年の飛行から、ソビエト連邦・ロシア国籍の人だけでも現在100人を越える宇宙飛行士が誕生している 1961年の飛行から、ソビエト連邦・ロシア国籍の人だけでも現在100人を越える宇宙飛行士が誕生している

広い敷地を持つ館内には、ガガーリン氏が初めて宇宙に飛び立った時の映像記録や宇宙船・宇宙服、宇宙開発を支えてきた偉人たちの遺品が展示されています。また館内の視聴覚ホールでは飛行に向けて身体的・精神的に鍛える候補生たちのトレーニング風景を垣間見ることが可能。その他、ソビエト連邦・ロシアから宇宙へと飛び立った世界中の宇宙飛行士たちを紹介するモニター・宇宙空間での暮らしを紹介するスクリーンなど先端の技術を用い、大人も楽しめるよう工夫。「思っていたよりずっと良かった!」と好評の場所、一度訪れてみては?

関連情報

とびきりの笑顔と労働階級生まれが決め手 第1号宇宙飛行士に輝いたガガーリン氏 とびきりの笑顔と労働階級生まれが決め手 第1号宇宙飛行士に輝いたガガーリン氏

◆Мемориальный музей космонавтики
◆住所 Проспект Мира,111,Москва(В парке космонавтики- 記念公園内)
◆営業時間 11:00〜19:00(月休)
◆TEL 84956837968
◆URL http://www.space-museum.ru/main.php

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/06/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索