「ダーチャ」に行こう!

ロシアに行くのならば是非「ダーチャ」へいくことをおすすめします。ダーチャとはロシア語で「別荘」という意味。私達日本人にとって別荘とはお金持ちのものという意識がありますが、ロシアではごく一般の人でもダーチャを持っているのです。広い国土を持つロシアでは首都のモスクワですら、ちょっと郊外に出るだけで壮大なスケールの自然が広がっています。ロシア人の多くはそういった郊外の土地を安く買って、自分達で小屋を建て菜園を作り野菜を育てているのです。金持ちの別荘というよりは家庭菜園付きの小屋と言った方が良いかもしれません。

ロシアの別荘「ダーチャ」を楽しもう! ロシアの別荘「ダーチャ」を楽しもう!

ダーチャで過ごすのんびりとした週末

ロシア人がダーチャに通うのは主に春から秋にかけての週末。菜園では野菜や果物を育て、近くに森があればきのこや野イチゴ、ベリーを採りに森に入り、川や湖があればのんびりと釣り糸を垂れ魚を捕るのです。そうやって得た食材はそのままダーチャでの食卓に並び、余った野イチゴやベリーはジャムに、野菜もピクルスにしてビン詰めし、ビタミンが不足しがちな冬場の保存食にするのです。

ダーチャに「バーニャ」は欠かせない!

そんなダーチャでの一番の楽しみは何といっても「バーニャ」と呼ばれるサウナ。作りは日本のサウナとほぼ同じです。頭部保護のためフェルトの帽子を被り、葉っぱがついたままの白樺の枝の束と木製の手桶を持って入るのがロシア流。バーニャの内部には炉があり、その上に焼け石が置かれています。エッセンスオイルを混ぜた手桶の水を焼け石にかけると、水は一気に蒸発しバーニャ内部に熱気と清涼感あふれる香りが充満。あたかも針葉樹林にいるような気分にさせてくれます。

白樺の枝でデトックス

体が温まり程よく汗をかいてきたら、ここからがお楽しみ。横になり水でぬらした白樺の枝で体を叩いてマッサージするのです。血行がさらに良くなり、汗とともに老廃物が体外に出て行くような爽快な気分になるのです。全身まんべんなく叩き終えると、汗を洗い流しバスタオル一枚のまま外へ。自然の中にほてった身を投げ出すと気分は極楽です!ダーチャには友人・知人に招待してもらうのが一番ですが、最近はダーチャを訪れる観光客用のツアーもあるので、それを利用するのも面白いと思います。ダーチャでロシアらしさを存分に満喫してください!