サンマリノ共和国旅行・サンマリノ共和国観光徹底ガイド

サンマリノ共和国旅行・サンマリノ共和国観光徹底ガイド

サンマリノ共和国旅行・観光の見どころ・観光情報

世界で5番目に小さな国サンマリノは、また現存する世界最古の共和国でもある。イタリアの都市ボローニャにも近い、イタリア半島の内陸部にある国で、首都は標高739mのティターノ山の頂上にあるサンマリノ市。その旧市街には今なお中世の面影が残り、ティターノ山と歴史地区は世界遺産にも登録されている。国家の収入の半分が観光からと観光業が盛んで、消費税がないことから買い物客も多い。おすすめの観光名所は、国のシンボルでもある3つの城塞。断崖絶壁にそびえる城はまさに絶景だ。ここではのんびりと旧市街を散策するのがおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

サンマリノ共和国へ行くツアーを見る この国のツアー代金相場を見る

サンマリノ共和国の人気問合せ情報

サンマリノ共和国の最安値カレンダー

サンマリノ共和国旅行・観光の選び方

イタリアの他都市と共に周遊するツアーで。サンマリノ滞在がなく、日帰りで行くものもある

イタリア中東部、エミリア・ロマーニャ州リミニ県とマルケ州ペーザロ・ウルビーノ県との間に位置するサンマリノ共和国を訪れるには、ツアー期間が6〜10日間のイタリア周遊型プランが最適だ。他の都市ではイタリアのボローニャの組み合わせが一般的だが、トリノやベネチアなどと周遊するツアーもある。丘の上にあるサンマリノ旧市街には、天空にそびえる3つの城塞などの見どころがあるほか、特産のワインやチーズ、工芸品などのお土産を売るショップが集まっており、散策が楽しい。サンマリノに滞在するツアーと、周辺都市から足を延ばしていくツアーがある。(2016年9月編集部調べ)


サンマリノ共和国のグルメ・伝統料理

イタリアのエミリア・ロマーニャ州とマルケ州に挟まれたサンマリノでは、その2つの州の郷土料理の影響が色濃く見られる。食事スポットは旧市街の至るところにあり、食べるのに困ることはない。伝統料理は「ピアディーナ」や「ポレンタ」の他、「ストロッツァプレーティ」と呼ばれる手打ちパスタにミートソースとパルミジャーノチーズをあえた料理などがある。グルメなら、特産の甘いデザートワイン「モスカート」は見逃せない。 (2015年編集部調べ)

サンマリノ共和国のショッピング情報

サンマリノ共和国はイタリア国内に位置する世界で5番目に小さい共和制国家。消費税がないため、イタリアからもショッピングに訪れる人が多い。この国独自のコイン(ユーロ)と切手は世界中のコレクター垂涎のアイテム。この地を訪れた記念のお土産にも最適だ。ワインとチーズもこの国の特産。特に「モスカート」は有名。記念の入国スタンプが欲しいなら、市庁舎の観光案内所で1ユーロを払うとパスポートにスタンプを貼ってくれる。 (2015年編集部調べ)

サンマリノ共和国のオススメツアー

サンマリノ共和国旅行・サンマリノ共和国観光徹底ガイド

3件ヒットしました (2旅行会社 14.18〜86.80万円)
  • 1|

合算燃
目安
14.18
18.18

旅行代金: 13.00〜 17.00

燃油目安燃: 1.18

9日間

大阪発

ホテル:
グランド ホテル サン マリノ、ホテル・ガリレオ、ホテル・セントラーレ、…
航空会社:
アリタリア‐イタリア航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ

合算燃
目安
15.30
17.30

旅行代金: 14.20〜 16.20

燃油目安燃: 1.10

9日間

大阪発

ホテル:
イビス・ミラノ・チェントロ、グランド ホテル サン マリノ、トリエステ、…
航空会社:
キャセイパシフィック航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ

合算燃 86.80

旅行代金: 86.80

燃油燃:旅行代金に含まれています

13日間

成田発

イタリア・サンマリノ共和国 (スペイン広場地区(ローマ)、ナポリ、フィレンツェ他) ツアー

ホテル:
ウェスティン・エクセルシオール・ローマ、ウェスティン・パレス、ホテル・…
航空会社:
アリタリア‐イタリア航空(日本発:午後)

旅行会社/ブランド: ルックJTB

3件ヒットしました (2旅行会社 14.18〜86.80万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top