page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ベオグラードグルメガイド

ベオグラードのグルメ・伝統料理

ベオグラードでは、オスマントルコ時代の影響を受けた郷土料理やドナウ川の川魚が堪能できる。代表的な肉料理は、ひき肉にスパイスを混ぜ込んでグリルした「ピェスカビツァ」や「チェヴァプチチ」、カイマクというクリーム入りのロールカツの「カラジョルジェヴァ・シュニッツラ」など。肉やパプリカをトマトで煮込んだツカリッツァ、セルビア風ロールキャベツの「サルマ」、炒めたひき肉や玉ねぎをジャガイモと重ねて焼いた「ムサカ」はグルメな日本人の口にも合う。食事にはチョルバというスープや、プロヤというコーンブレッド、焼いた赤パプリカのペーストサラダのアイバルなどを添える。(2015年編集部調べ)


ベオグラードのレストラン・屋台

古き良きボヘミアンな雰囲気の漂うスカダルリヤには、郷土料理を出す有名なレストランが軒を連ね、食事どきになると流しの楽団が民族音楽を奏でて雰囲気を盛り上げる。ドナウ川やサヴァ川沿いには、美味しい川魚料理と郷土料理が楽しめる少し高級な船上レストランが並ぶ。屋台派の人には、ボリュームたっぷりのセルビア風ハンバーガーの「ピェスカビツァ」が強い味方だ。たくさんのトッピングをのせてトライしたい。朝食の定番は、薄いパイ地でひき肉やチーズなどを挟んで焼いた「ブレク」。地元の人は飲むヨーグルトと一緒に食べる。

ベオグラードの水・お酒

水道水は硬水だが飲料可能。ミネラルウォーター(炭酸入り、炭酸なし)も安価で売られているので心配な人はこちらを購入するといいだろう。よく飲まれるお酒はピヴォ(ビール)でJelenやLAVなどの国産メーカーが有名だ。果実から作った蒸留酒のラキヤはアルコール度数40度以上の強いお酒で、代表的なプラムから作ったシュリヴォヴィツァの他、アプリコットや桃から作られたものもある。また、セルビア産のワインにも美味しいものがある。食後にはトルココーヒーが良く飲まれるが、カップの底に粉が沈んでいるので最後まで飲み干さなないようにしよう。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ベオグラードグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるベオグラードの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ベオグラードのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!