page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

国際バスはここから発車。セルビアの首都、ベオグラードのバスターミナル情報


掲載日:2020/02/14 テーマ:観光地・名所 行き先: セルビア / ベオグラード

タグ: ためになる ひとり旅 カフェ バス


バスターミナルはどこにある?

町から町へ、長距離バスで移動しよう 町から町へ、長距離バスで移動しよう

ベオグラードからセルビア国内や国外へ、陸路で移動するのに利用する長距離バスターミナル。旅行者ならここから次の町へ向かう方も多いと思いますので、その模様をお届けします。ベオグラード・バスターミナルは旧鉄道駅の近くにあり、町の中心から歩いていけないこともありません。ただし中心部、テラジエあたりからだとけっこうな坂を下っていくことになります。私は徒歩で行きました。下りなのでまあいいのですが、何段もの階段を降りていくので、スーツケースがあるとちょっと大変です。

事前に国際バスのチケットを購入

ベオグラードとサラエボを結ぶバス ベオグラードとサラエボを結ぶバス

私は時間があったので、数日前に切符を買いにいきました。窓口で前もって購入しておくと安心だし、同時にバスターミナルへの道の下見ができ、出発当日に気がラクだからです。買うのはお隣の国、ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都、サラエボ行きのチケット。私のチケットの買い方は、事前にネットでいくつか調べて、目安となる値段と出発時刻をメモ。今までの経験から、これらは必ずしも正しいとは限らないと踏まえつつ、行き先と日にち、いいなと思う時間を紙に書き、窓口で見せます。その便があれば値段を訊いて買えばいいし、なければほかの便を教えてもらいます。

窓口で渡されるコインは…

チケットを持った人が入れるバス乗り場 チケットを持った人が入れるバス乗り場

このときは希望の11時半発のチケットを買うことができました。料金は2520ディナール。窓口ではクレジットカードが使えず、現金払いでした。チケットを買うと、コインのようなものを渡されます。これは当日、バス乗り場のエリアに入るときに使うもの。チケットを持った人しか入れないよう、入口が制限されています。このコインはおつりと混同しないように、そしてなくさないようにしましょう。

※1ディナール=約1.0円。2020年1月時点

バスターミナルでやっておきたいこと

バスターミナルにはカフェがあるので、ゆっくりしたいときに便利。ATMもありました。また両替所がありますので、セルビアの通貨があまっていたら両替できます。たとえば次の国へ行ってすぐにバスやトラムに乗ることを考えて、その国の通貨に替えておくのもいいと思います。私はユーロとセルビアの通貨・ディナールを足して、ボスニア・ヘルツェゴヴィナの通貨を手に入れました。ただしバスに乗る際、スーツケースなど大きな荷物を預けるのにいくらか払う必要があるので、ディナールの小銭は少し残しておきましょう。私が乗ったとき、荷物代は100ディナールでした。

当日のバスはどんな感じ?

きちんと整えられたバスの車内 きちんと整えられたバスの車内

さて出発当日。バスの大きさは思ったより小さめでした。国によっては乗った順に好きなところにすわる場合がありますが、ここではちゃんと座席指定。決められた席にすわるシステムになっていました。運転手の方が何でも一人でやっているので大変そうです。バスの中ではWi-Fiが使えるとわかり、休憩中も忙しそうな運転手さんにパスワードを訊いたら、そばにいた乗客が代わりに入れてくれました。11時半出発で、13時すぎに一度休憩、15時ごろに国境を越え、サラエボ到着は19時すぎ。見知らぬ土地の車窓を眺めていれば、長時間の乗車もあっという間です。ベオグラードからのバス旅、みなさんも楽しんでくださいね!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/02/14)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索