世界遺産「スタリ・ラスの遺跡とソポチャニの修道院(スタリ・ラス)」の詳細情報

セルビアの世界遺産・名所ガイド

Stari Ras and Sopocani

スタリ・ラスの遺跡とソポチャニの修道院

名称:スタリ・ラスの遺跡とソポチャニの修道院(セルビア
英語名称:Stari Ras and Sopocani
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1979年

中世セルビア王国の最初の首都と象徴的聖堂

スタリ・ラス(現在はラシュカ)はセルビア南部にあり、9〜10世紀に存在した中世セルビア王国の首都であった。ここには、建国者のネマーニャが建てた王宮や要塞、教会や修道院の遺跡が多数あり、その一つが10世紀頃に建てられた聖ペテロ聖堂で、セルビア最古の聖堂とされる。また、ラシュカの南西に位置するソポチャニには、セルビア国王ウロシュ1世の命により1260年頃に建てられたセルビア正教会のシンボル、ソポチャニのスヴェタ・トロイツァ修道院がある。敷地内の聖三位一体聖堂にある「聖母の眠り」は、セルビアに残るビザンチン美術作品の遺産として価値が高く、聖母マリアやキリストをモチーフにしたフレスコ画とともに貴重な文化遺産として保存されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


セルビアの世界遺産「スタリ・ラスの遺跡とソポチャニの修道院」についてご紹介します。スタリ・ラスの遺跡とソポチャニの修道院の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。