世界遺産「ガレリウス帝の宮殿、ガムジグラード - ロムリアーナ(ガムジグラーダ - ロムリアーナ)」の詳細情報

セルビアの世界遺産・名所ガイド

Gamzigrad-Romuliana Palace of Galerius

ガレリウス帝の宮殿、ガムジグラード - ロムリアーナ

名称:ガレリウス帝の宮殿、ガムジグラード - ロムリアーナ(セルビア
英語名称:Gamzigrad-Romuliana Palace of Galerius
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2007年

四分治制下のローマ皇帝の引退後の宮殿

ガムジグラードは、セルビア東部の郊外にある村の名前だ。近郊には、古代ローマ皇帝のガレリウスが死後埋葬された宮殿ロムリアーナがある。ガレリウスの母ロムラの名にちなんで、宮殿はそう呼ばれていた。ガレリウス帝は、4分割した帝国領を、正帝2人と副帝2人で統治する「四分統治」が行われていた時代の皇帝の1人。政治の舞台から去った彼が余生を過ごす自分と母のため、3〜4世紀に建設したロムリアーナ宮殿は、城壁と塔に囲まれ床面がモザイクで装飾されている。この宮殿は、7世紀の初めにアヴァール人やスラブ人によって破壊された。この地には、ガレリウス帝の遺構に加え、浴場や寺院跡なども残っている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


セルビアの世界遺産「ガレリウス帝の宮殿、ガムジグラード - ロムリアーナ」についてご紹介します。ガレリウス帝の宮殿、ガムジグラード - ロムリアーナの観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。