page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

「天空の城」と言われ、日本人にも人気の高いスピシュ城。その歴史と見学編


スロバキア東部にある世界遺産の城

日本で「天空の城」と言われるのは、この姿から 日本で「天空の城」と言われるのは、この姿から

スロバキア東部にある「レヴォチャ歴史地区、スピシュ城及び関連する文化財」は、スロバキアの世界遺産のひとつです。レヴォチャとスピシュ城は、車で20分ほど離れていますが、今回紹介するのはスピシュ城の方。日本では「天空の城」とも言われることもありますが、その理由は周囲が平らな場所にポツンとある丘上にあるので、城の建物がそれほど高くないにもかかわらずそびえて見えるからです。

ハンガリー王国のもとで城が建造

この場所に最初に城が築かれたのは1200年代初頭のことで、タタール人(モンゴル人)に対抗するためといいます。当時この辺りに住んでいたのはスラヴ系のスロバキア人ですが、スピシュはハンガリー王国の領土内でした。当初の城はロマネスク様式でした。15世紀にハンガリー王国は財政難になり、スピシュ県をポーランド王国の管理下に譲り渡します。ポーランドはその頃は塩や東西交易で栄えて強国だったのです。また、17世紀にワルシャワに遷都するまでは南部のクラクフがポーランドの都だったので、スピシュからクラクフは、ハンガリーの都のブダへ行くよりも近かったのです。

18世紀に火災で廃墟に

城は15世紀にゴシック様式、16世紀にルネサンス様式と増改築を重ねていきます。18世紀後半になると、ポーランドの国力も弱まり、現在のスロバキア地方はウィーンのハプスブルク家の領土になります。その頃には、戦争は攻城戦から平地で機動力を活かした戦いに変わり、丘上のスピシュ城の戦略的な重要度は落ち、城主も城を出て平地の町に移り住むようになりました。そんな頃の1780年、城に火災が起き、以降は打ち捨てられて廃墟になってしまいます。城主の税金逃れの放火だったという説もあるとか。1970年より城の修復・復元が始まり、世界遺産に登録されたのは1993年のことです。

それでは城の見学を

ヨーロッパの城ではお約束の拷問部屋 ヨーロッパの城ではお約束の拷問部屋

それでは城を見学してみましょう。城は二つの部分からなっています。一番高台にある城郭部は支配層が、下の城壁に囲まれた広いスペースには兵士たちが住んでいました。この城郭部分ではいくつかの部屋が再現されています。ゴシック様式の礼拝堂は聖アルジュベダ礼拝堂です。キッチンなどもありますが、目を引くのはやはり拷問部屋。中世の城といえば拷問というイメージがありますが、その拷問器具のレプリカと使用方法の説明パネルがあります。また、当時の大砲のレプリカもあります。

地元の人はピクニック気分で

チケット売り場を過ぎて入った城内には、キオスクやカフェがあり、軽食ぐらいなら食べられます。私が行った時は夏の天気のいい日だったので、なんだかみな、ピクニックに来たような感じでスピシュ城を楽しんでいました。今のところ、スロバキアでどこかひとつお勧めを聞かれたら、まちがいなくこのスピシュ城をおすすめします。このスピシュ城へのアクセスや基点となるスピシュスケー・ポドフラディエの町についてなど、旅の技術的な面は別記事「日本人にも人気の高いスピシュ城。そのアクセスと町歩き編」で紹介しているので、そちらもご覧下さい。

※この情報は2020年12月現在のものです。内容には変更があるかもしれないので、最新情報は該当のホームページなどでご確認ください

DATA

●スピシュ城
[URL] http://www.spisskyhrad.sk/en.html
[開館]6〜9月9:00〜19:00、5月〜18:00、10月〜17:00、11月〜15:00。12〜4月はクローズ
[料金]8ユーロ(約1000円)

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2021/01/21)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索