page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

たとえ身なりのよいかわいいお年寄りであっても、鍵の話を始めたら要注意?


着いたばかりの町で出会ったおばあさん

着いたばかりの町で出会ったおばあさん 着いたばかりの町で出会ったおばあさん

旅行中に町を歩いていて、ふいに出会う人、いますよね。つかの間、話がはずんだりして、楽しい時間となることもあります。私がスロバキアの首都、ブラチスラバの町に着いたときのことです。スーツケースを転がしながら宿に向かって歩いていると、道端にいたおばあさんと目が合いました。クラシックなスーツを着てレトロなハンドバッグを下げた、おしゃれでかわいい上品なおばあさんです。軽く微笑みかけて通り過ぎようとすると、彼女が何か話しかけてきました。

言葉がまったく通じません

それはおそらくスロバキア語で、私には理解できません。それでもおばあさんはニコニコしながら話をつづけ、そのうち私のスーツケースを指さして何かを言いました。どうやら、そこについている鍵についてしゃべっているようです。私は布製のソフトスーツケースを使っていて、ダイヤル式の南京錠をつけていました。この鍵が珍しいのだろうか、などと不思議に思っていると、おばあさんは自分のがま口式のハンドバッグを開け、小さな箱を出しました。ハンドバッグにはもう1つ、同じ箱が入っているのが見えました。

話の内容は鍵のことらしいが…

話の内容は鍵のことらしいが… 話の内容は鍵のことらしいが…

おばあさんは箱を開け、中から真新しい南京錠を出しました。ダイヤル式ではなく、鍵が別についているタイプです。それを私に見せて何か言っています。けれども、とにかく言葉がわからないので、私にはどうしようもないのです。私の鍵と交換したいというのか、それともただ世間話をしているだけなのか。鍵にとても興味のある人だということはわかりましたが、意思の疎通がまったくできません。やんわりと、「言葉がわからないです。それではごきげんよう」といった感じで立ち去ることにしました。おばあさんもにこやかなまま、「では、さようなら」といった様子で別れました。

そんな会話の背景には…

この話を、後に出会った日本人の旅人にしてみたら、意外なことを言われました。それは、鍵を使った騙しの手口だというのです。なんだかんだと新しい南京錠を旅行者のスーツケースにつけさせ、開ける鍵が欲しかったらお金を払えというのだとか。あんなかわいいおばあさんが、そんなことをするだろうか…にわかには信じられませんでしたが、真新しい鍵をいくつかハンドバッグに入れていたことを思うと、よからぬ意図があったのではとも思えてきました。単に「予備の鍵も買いませんか?」と普通に売ろうとしていただけ、という可能性もありますけれど。とにかく鍵について話しだす、それだけで少しはあやしむべきだったのかもしれません。相手がかわいいおばあさんなので油断していました。みなさんも鍵の話題が始まったら、ちょっと注意してみてくださいね。この話が少しでも旅の安全の役に立ちますように。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/08/23)

海外旅行準備マニュアルもあわせてご確認ください。

  • 海外旅行準備マニュアル
  • ※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
    ※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
     提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
    エイビーマガジンについて

     

    キーワードで記事検索

    検索