世界遺産「バンスカー・シチアウニツァの鉱山都市と近隣の技術遺産(バンスカー・スチアフニツァ)」の詳細情報

スロバキアの世界遺産・名所ガイド

Historic Town of Banska Stiavnica and the Technical Monuments in its Vicinity

バンスカー・シチアウニツァの鉱山都市と近隣の技術遺産

名称:バンスカー・シチアウニツァの鉱山都市と近隣の技術遺産(スロバキア
英語名称:Historic Town of Banska Stiavnica and the Technical Monuments in its Vicinity
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1993年

17〜18世紀に繁栄を迎えた鉱山とその周辺

スロヴァキア山間部の古い鉱山都市で、中世からハンガリー王国における金銀の産地として栄えた。自然災害や他国との闘いの前線の街であった歴史をもつ一方、科学が現在の姿に発展するうえで重要な役割を果たした。17世紀、採掘で初めて火薬を使用するなど、技術革新の先駆的な役割を果たした。18世紀には蒸気機関を使って最盛期を迎え、鉱山技師の養成学校が設立された。しかし19世紀の後半から、鉱業生産は衰退を始めた。街には、ロマネスク様式の鉱業会館、後期ゴシック様式の聖カタリーナ聖堂、バロック様式の聖三位一体広場、ルネサンス様式の宮殿などの建築物が、鉱山で栄えた時期の面影を現在に伝えている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


スロバキアの世界遺産「バンスカー・シチアウニツァの鉱山都市と近隣の技術遺産」についてご紹介します。バンスカー・シチアウニツァの鉱山都市と近隣の技術遺産の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。