世界遺産「レヴォチャ、スピシュ城と関連する文化的建造物群(スピシュ城)」の詳細情報

スロバキアの世界遺産・名所ガイド

Spissky Hrad and the Associated Cultural Monuments

レヴォチャ、スピシュ城と関連する文化的建造物群

名称:レヴォチャ、スピシュ城と関連する文化的建造物群(スロバキア
英語名称:Spissky Hrad and the Associated Cultural Monuments
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1993・2009年

タタール人来襲に備えた城と城下の聖堂など

スピシュ城は、スロバキア東部にある中世の城。中欧最大の城の一つだ。13世紀初頭、タタール人の襲撃に備え築かれ、15〜16世紀にルネサンスやバロック様式の建物が増築された。18世紀の火災で焼失したが、20世紀初頭に一部を修復。再建された部分は博物館となっている。聖職者居住区として築かれた城下町のスピシュケー・ポドフラジェには、聖マルチン聖堂など100件以上の歴史的建造物が残り、美しい街並みを形成している。2009年にはレヴォチャの歴史地区が拡大登録された。レヴォチャは13〜14世紀に建設された城塞都市で、後期ゴシックからルネサンス様式の建造物と、彫刻家マスター・ボールの作品で知られている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


スロバキアの世界遺産「レヴォチャ、スピシュ城と関連する文化的建造物群」についてご紹介します。レヴォチャ、スピシュ城と関連する文化的建造物群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。