洗練されたスロベニアの首都

古くから文化の要衝として栄えたスロベニアの首都リュブリャナ。お隣クロアチアの首都ザグレブや、ボスニア=ヘルツェゴビナの首都サラエボと比べると、旅行先としてはやや印象が薄い方もいるかと思いますが、市の街並みは非常に洗練され、歴史的な趣を残す建物も可愛らしいショップも数多くあり、実はとても魅力がつまった町です。ほとんどの観光スポットも徒歩圏内のため、街歩きが好きな方には特におすすめの旅行先と言えます。そんなリュブリャナを観光して感動したのが、ジェラートのクオリティの高さ! アイス好きの私は各滞在先でいつもジェラートを食べてきましたが、リュブリャナのジェラートの美味しさは特に強く印象に残っています。そのうえ、西欧の人気都市と比べて物価も高すぎないリュブリャナでは、お得に食べ歩きをすることも可能。今回はそんな隠れたジェラート激戦区から3つのお店をご紹介します。

ビーゴのジェラート、ラズベリーの練乳がけ。1玉なのに山盛り! ビーゴのジェラート、ラズベリーの練乳がけ。1玉なのに山盛り!

練乳がけジェラートが美味しいビーゴ

まず訪れていただきたい一番のおすすめが、定番観光スポットの三本橋のすぐ近くにあるアイスクリーム専門店「ビーゴ」です。ここでは乳性分を含むメニューが多く、ジェラートというより日本のアイスクリームに使い味わいを楽しむことができます。1玉のオーダーでもかなりたっぷり盛り付けてくれますし、無料で練乳をかけることもできて、サービス精神旺盛なお店です。そして単にお得というだけでなく、ジェラートに使っているミルクがとても濃厚でびっくりするほど美味しいのです。特別アイスが好きでないという方も試しにぜひ訪れてみてください!

ユニークなメニューを揃えるデリ

町の西側、リュブリャナ大学やコングレス広場の近くにある「デリ」は、豊富な種類のジェラートや、マカロン、ケーキなどを揃える人気スイーツ店です。とはいえ、街歩きをしている観光客に人気なのはやはりジェラート。ここを訪れる多くの方もジェラートを注文しています。ここはフルーツ系のジェラートのほか、ダークチョコレート、ライスチョコレート、ココナッツ入りチョコレートなど、チョコレート系のメニューを数種類揃えています。また中には、ライム入りグリーンティ(抹茶)という興味深いメニューも。珍しいメニューに挑戦したい方におすすめです!

テラス席がおすすめのカカオ

ビーゴと同じく三本橋の近くにあるのが「カカオ」です。カカオは専門店というわけでなくコーヒーなども飲めるカフェですが、ジェラートも多くの種類を揃えています。またお店の目の前は、町の中心リュブリャニツァ川が流れているため、晴れた日にはテラス席で優雅なひとときをすごすことができ、観光の休憩などにおすすめのお店です。リュブリャナは、このほかにも魅力的なスイーツ店やカフェが多く、その宝庫といっていいでしょう。甘いもの好きな方はぜひ訪れてみてください!