ベネチアのほうが飛行機の便数が多い!

この夏(2015年8月)、ヨーロッパの地中海沿岸を旅してきました。プランの最後のほうで、スロベニアのリュブリャナから空路でバルセロナに向かうというルートを考えましたが、調べるとアクセスがよくありません。リュブリャナは首都とはいえ、それほど大きくはない都市。バルセロナへの直行便はなく、乗り継ぎ便の料金も3万円ぐらいします。そこで地図を見ると、リュブリャナはイタリアにかなり近いことがわかりました。「もしかして、陸路でイタリアに入り、そこからバルセロナに飛んだほうが、得なのではないか?」とネットで調べてみると、ヨーロッパのLCCがベネチアとバルセロナを結んでいる事がわかりました。しかも値段は100ユーロ(約1万4000円)ほどで、時間帯も悪くありません。

スロベニアの首都リュブリャナ。ベネチアは遠くない? スロベニアの首都リュブリャナ。ベネチアは遠くない?

ベネチアの滞在は空港に近いメストレに

ベネチアの空港ですが、調べてみるとベネチア島ではなく、本土のメストレというところにありました。このメストレはガイドブックにはあまり載っていませんが、ベネチア本島までバスや列車で約20分と、なかなか便利なところのようです。それなら「せっかくベネチアまで行くのだから観光もしよう」とメストレに2泊することにしました。ベネチアよりもホテル代も安いですし、空港へもすぐに行けます。さて次に、リュブリャナからメストレへの交通を調べなければ…。

ネットで直通バスを調べると

インターネットで調べると、私と似たような事を考えている人は少なくありませんでした。彼らのブログを見てみると、リュブリャナ駅前からメストレ駅前までバスがあるようです。けっこう利用する人はいるのですね。時刻表へのリンクを見ると、バスは1日数本あるようなので不便ではなさそうです。「行ける」とわかり、私は安心してベネチア〜バルセロナ間の航空券を購入しました。

リュブリャナで早速バスチケットを購入

一ヵ月後、あちこち旅をした後、ようやく私はスロベニアの首都リュブリャナに到着しました。荷を降ろしたら、さっそく鉄道駅前にあるバスターミナルへ。本当にベネチアまでのバスがあるか、確かめなければ安心できません。リュブリャナの鉄道駅もバスターミナルも、一国の首都のメインステーションとは思えないほど小さく、さらに夏休みなのか、バスターミナルの窓口もたったひとつしか空いていません。「本当にここ?」と思いながらベネチア(メストレ)行きのバスを聞いてみると、確かにあると言います。料金は27.2ユーロ(約3800円)でした。所要時間を聞くと「3時間」と言います。そんなに近いの?(後編につづく)