パンプロナのてっぺんにある複合大聖堂”サンタ・マリア・デ・パンプロナ”

スペイン・パンプロナ・観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

パンプロナのてっぺんにある複合大聖堂”サンタ・マリア・デ・パンプロナ”

掲載日:2012/12/26 テーマ:観光地・名所 行き先: スペイン / パンプロナ ライター:田中富子

タグ: 一度は見たい 街歩き 教会



ABガイド:田中富子

【スペインのABガイド】 田中富子
全ガイドを見る
スペイン・セビリア在住。2000年にたまたま訪れたセビリアに、2001年より在住。2006年5月、個人事業主のビザを取得。現在は、食品輸出入仲介業を中心に、フラメンコ留学と語学留学コーディネーター、通訳、翻訳業等、スペインと日本を橋渡しする日々。情熱がモットー。

旧市街地内の細い道が大聖堂前になると一気に開ける。歴史的建築物を見ながらのお茶も楽しいであろう。 旧市街地内の細い道が大聖堂前になると一気に開ける。歴史的建築物を見ながらのお茶も楽しいであろう。

重要な場に位置する大聖堂

パンプロナの旧市街地は、小高い台地の上に存在する。その旧市街地の更に一番高いところに位置するのは、IGLESIA CATEDRAL DE SANTA MARIA DE PAMPLONA(サンタ・マリア・デ・パンプロナ大聖堂)である。この場所は歴史的に大変重要なようで、そこからは紀元前800年から700年前のケルト・イベリア人の定住跡やその後のローマ時代の建築物、城壁、貨幣や陶器などが見つかっている。

 

新古典主義様式のメインファサード。そのシャープな造りが目に留まる。 新古典主義様式のメインファサード。そのシャープな造りが目に留まる。

興味深い複合大聖堂

この大聖堂は、スペインで最も保存が完全にされている複合大聖堂の1つとして有名である。その理由は倉庫、食堂、参事会会場や寝室などが現在でも保存されているからだそうだ。スペインの多くの大聖堂でそれらが依然として存在しているところはほとんど皆無ということになる。大聖堂の部分部分はそれぞれ違った時期に建築されているが、全体的に見ると14から15世紀のゴシック様式である。その中でも回廊は14世紀の作品で、その時代の回廊としては秀悦であることは実際訪問すればわかるであろう。回廊から望む中庭に季節を感じよう。

 

安らぐ回廊。日々の雑踏が嘘のようだ。 安らぐ回廊。日々の雑踏が嘘のようだ。

建築様式としても魅力的

また堂内の台所は、ヨーロッパ内に唯一残っている3つのゴシック様式台所のうちの1つだというから驚きである。ただし台所はこの事実を知らないで訪問すると、なんてことはない大きなスペースとしか映らないので要注意だ。そして、やはり何と言ってもメインファサードは見逃せない。18世紀終わりの新古典主義建築で、その凛として佇む大きな構えが光る。以前はロマネスク様式だったそうであるが、1390年に一部が崩壊したため1783年に現在のような形にデザインされた。

 

ナバラ王カルロス3世と妃レオノール・デ・トラスタマラの墓は、教会のほぼ真ん中に位置する。 ナバラ王カルロス3世と妃レオノール・デ・トラスタマラの墓は、教会のほぼ真ん中に位置する。

教会内のみどころ

メインの教会内では、ナバラ王カルロス3世と妃レオノール・デ・トラスタマラの墓がある。この墓の彫刻デザインは巧みで15世紀初めの作品である。また、ゴシック様式としてかかせないのは、やはりステンドグラスであろう。この大聖堂のステンドグラスも壮麗であるが、16世紀の4作を除きそのほとんどが20世紀のものであるそうだ。いずれにしても、この大聖堂はその本教会だけではなく付随した建築物も大変堪能できる。一味違った大聖堂を楽しみたい方にはお勧めだ。

 

上階への階段さえも造りが凝っており、訪問が更に楽しくなる。 上階への階段さえも造りが凝っており、訪問が更に楽しくなる。

■IGLESIA CATEDRAL DE SANTA MARIA DE PAMPLONA(サンタ・マリア・デ・パンプロナ大聖堂)
住所:Curia, s/n, Pamplona
HP:http://www.catedraldepamplona.com/es/index.php
時間:11月15日から3月15日まで 月−土 10:00 - 17:00、3月16日から11月14日まで 月−土 10:00 - 19:00 閉館日:日曜日 入場料:大人 5ユーロ 子供 3ユーロ

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/12/26)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値パンプロナツアー


最安料金万円

合算 目安 15.30万円17.80万円
旅行代金: 14.8017.30万円
燃油目安: 0.50万円
8日間
東京発

パンプロナ ツアー

もう1つのスペイン・おいしいスペイン☆美食の都バスクからバルセロナへ☆サンセバスチャン・パンプローナ周遊

ホテル:バルセロ・ネルビオン(ビルバオ)、ホテル…
航空会社:エールフランス航空 指定

日程表を見る

●同日着でバスクの文化の中心ビルバオへ!!●【美食の町サンセバスチャン】に2連泊●牛追いの町パンプローナやバルセロナも訪問●もちろん人気のバルセロナにも2連泊●延泊、減泊、ホテルグレードUP、航空…

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事