page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・タラゴナ・城・宮殿の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

古いお城がホテルに!バルセロナからもアクセスが便利なパラドール トルトサ


掲載日:2019/11/10 テーマ:城・宮殿 行き先: スペイン / タラゴナ

タグ: おいしい 一度は見たい 一度は行きたい 素晴らしい 憧れ


一度は泊まってみたいみたいスペインのパラドール

10世紀の古城をホテルにしたTORTOSAのPARADOR。丘の上からは町全体の素晴らしい眺めが楽しめます。 10世紀の古城をホテルにしたTORTOSAのPARADOR。丘の上からは町全体の素晴らしい眺めが楽しめます。

スペインには歴史的価値のある建造物がホテルになっているパラドールというスペイン国営ホテルがあります。修道院、宮殿、お城など歴史的な建造物、価値のある景観を持つホテルなど、それぞれの州にホテルが点在しています。スペイン全国で97つのホテル、そしてポルトガルに一つあり、このパラドールを巡りながらスペインを旅行するのも人気のようです。今回ご紹介するのはバルセロナから180キロほど離れたタラゴナ州にあるトルトサのパラドールをご紹介します。

バルセロナから一泊二日の小旅行にお勧め

お城はゴシック建築様式でパラドール内には展示物もあり、まるで博物館。城壁には大砲! お城はゴシック建築様式でパラドール内には展示物もあり、まるで博物館。城壁には大砲!

トルトサはバルセロナとバレンシアの間に位置し、エブロ川下流に位置する街です。パラドールはCastillo de la Zudaと呼ばれる10世紀の古城を改装したホテル。丘の上にあり、パラドールからは街全体、そしてエブロ川の素晴らしい眺めが楽しめます。ムーア人のアブド・アッラフマーン3世によってもともと建築されたものが何世紀にもわたり改築されゴシック様式の建築物となっています。トルトサの街はこのお城を中心に栄えた城下町となり、まさにこのパラドールがこの町の観光名所となっているといえるでしょう。

パラドールのレストランで郷土料理も

お米の名産地のパエリアはさすがにお米が美味しい!海の幸たっぷりつかったシーフードパエリア お米の名産地のパエリアはさすがにお米が美味しい!海の幸たっぷりつかったシーフードパエリア

パラドールの併設するレストランではこの周辺の郷土料理が楽しめます。トルトサ周辺はDELTA DEL EBROと呼ばれエブロ川下流に位置し、スペインではお米の名産地の一つ。スペインのお米料理といえばパエリアですが、様々なパエリアが楽しめます。またウナギの産地でもあるので、ウナギの燻製や煮物なども有名です。またタラゴナ州はプリオラートなどで知られるワインの銘醸地でもあり、是非地元ワインと郷土料理を合わせて楽しんでみてはいかがでしょう?!

トルトサから足をのばして

スペインの天才画家PABLO PICASSOのゆかりの地Horta de Sant Joanにはピカソセンターがあり、ピカソが描いた風景が広がる スペインの天才画家PABLO PICASSOのゆかりの地Horta de Sant Joanにはピカソセンターがあり、ピカソが描いた風景が広がる

トルトサの街は半日もあれば観光できてしまいますが、トルトサ周辺には山も川そして海も近く自然豊かでトレッキングがお勧めです。トルトサのパラドールを起点にしてこの周辺を数日かけて観光するのもよいでしょう!トルトサから約40キロほど離れた(車で一時間弱)Horta de Sant Joanは画家 パブロ ピカソが2度長期間滞在し、多くの絵を描いた場所としても知られています。街にはピカソ記念館としてピカソの軌跡を辿ることができます。オリジナル作品は展示されていませんが、ピカソの作品をより理解を深めることができます。トルトサまでのアクセスはバルセロナから電車も可能です。周辺を観光するのであれば車が便利です。

【関連情報】

■Parador Tortosa
住所:Castillo de la Zuda, s/n 43500 Tortosa
TEL:+34 977444450
https://www.parador.es/                        


■Centre Picasso d'Horta
住所:Carrer de l'Hospital, s/n, 43596 Horta de Sant Joan, Tarragona TEL:977 43 53 30
https://centrepicasso.cat/?lang=en

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/11/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索