バルセロナから車で約2時間の先にある村

スペインに滞在するなら、レンタカーを借りて少し郊外へ足を延ばしてみませんか。公共交通機関だけでは、行きづらい場所もあるからです。バルセロナから日帰りできるスポットの中で、今までで一番感動したと言っても過言ではない「シウラナ」の村をご紹介したいと思います。気持ちのよい晴れた日に、バルセロナから西へ150キロほど行ったタラゴナ県に属する山間へ向かいました。村へ行くには車が便利ですが、最寄空港レウスからチャータータクシーで行くことも可能です。

ドライブで行く、期待を超える驚きの絶景! スペインのシウレナ ドライブで行く、期待を超える驚きの絶景! スペインのシウレナ

2つの異なる表情を楽しめる、村からの眺望

シウラナの村は崖の上にあり、2つの異なる絶景が見られるのがお勧めする理由です。最高峰でも1000m以下の山間ですが充分に高さは感じられました。一方からは岩肌が荒荒しく、異なる表情を持つ各地層。自然の歴史を目のあたりにしました。食事や休憩をとりながら、レストランのテラス席から眺められました。食後に村の先にある展望スポットへ行くと、もう一つ異なる表情を見せてくれました。深い緑の山々とその脇を流れるキレイに澄んだきれいな川。全く異なる二つの自然景観が、崖にできた村から楽しめました。

伝説の馬の爪あとはどこにあったのだろう?

自然を眺めにだけでなく、トレッキングやロッククライミングファンにも人気のようです。急な崖やウェーブロックのように不思議に削り取られた地形があり、迫力にあふれていました。その一方で、ロマネスク様式の教会や村中の石造りの建物につるがはられたバラが咲き乱れ、何だか癒されました。この村は12世紀まで難攻不落だったアラブの城で、廃墟となった後が残っています。最後の女王は崖から飛び降りた伝説があり、岩にはそのときの馬の蹄が残っているとか。私は残念ながら見つけられませんでしたが、是非探してみてください。

ヨーロッパ人に人気の穴場スポット?!

駐車場には様々なヨーロッパの国、オーストリア、オランダからの車を見かけました。日本のガイドブックには載っていない地域ですが、ヨーロッパ人には知られているようです。山にはホテルやキャンプ場など宿泊施設もあるので、家族連れでゆっくりアクティビティを楽しみに行くのもいいでしょう。まだまだ知られていない、穴場のスポットへ出かけてみてください。また、近くにカタルーニャワインを代表する産地Priorat(プリウラート)があります。ワイン好きな方にはこちらもお勧めです。