さん(する)

掲載日:2017/08/21

日本料理とは一味違う!日系料理がスペインの新しいブームに?!

ヨーロッパではここ数年の和食ブームによって、海外にいながら和食をどこでも食べることが出来るようになりました。でも今回は和食とはまた一味違う、海外だからこそ楽しめる日系料理をご紹介します。

カテゴリ:グルメ/スイーツ エリア:ヨーロッパ  スペイン  ビルバオ キーワード: おいしい 珍しい レストラン トレンド ランチ 食べ物

ABガイド:Hanna

Hanna
ドイツと日本のハーフ。2016年にスペインへ移住し、現在はビルバオの雑誌社で勤務。ドイツ語、スペイン語、英語と語学力を活かし翻訳活動も行う。

どこか懐かしいけど新しい、ビルバオの日系料理

どこか懐かしいけど新しい、ビルバオの日系料理

日系料理とは簡単に言うとブラジルやペルー、コロンビアに伝わった日本食のこと。和食と南米料理のフューチャーと言った感じです。
料理は独創的なものが多く、日本人の私たちにとってはとっても新しく新鮮に感じるものばかりです。
それでも和の要素はきちんと残っていて、ワカメなどの海藻類や醤油や味噌などの和食には欠かせない調味料が使用されています。
日本人の知らない新しい和食の形に出会えますよ!ビルバオでスペインバル巡りに飽きてしまったら、ぜひ日系料理にチャレンジしてみて下さい。

独創的な盛り付けが美しい、おすすめ日系レストラン

独創的な盛り付けが美しい、おすすめ日系レストラン

美味しいピンチョスバルやレストランがひしめき合うビルバオで、特におすすめのレストランがこちら。
日系料理を扱う「Dando la Brasa」です。
その独創的かつオリジナルなメニューはいくつも賞を獲得しています。新しさはもちろん、どの料理もスペインの伝統料理に劣らない本当に絶品のものばかりです。
少しお値段は張りますが、記念日や誕生日など特別な日にぴったりのレストランです。かなり人気なので、事前に予約しましょう。
お得なランチメニュー(14ユーロ程)もあるので、まずはそちらを頼んでみるのも良いかも知れません。

和の素材を活かした盛り付けに感動!

和の素材を活かした盛り付けに感動!

こちらは和食の定番、マグロのたたき(19ユーロ)!
私のおすすめメニューのひとつでもあります。上にのっている泡々はなんと醤油味!マグロのたたきと一緒に食べるとちゃんとお醤油の味もするんです。
他にもナチョスなどの摘まめるものや、野菜の盛り合わせなどもあります。Cebichazo nikkeiというメニューもおすすめです。
Cebichazoとは小さく刻んだ具材をネギトロの様に混ぜ合わせるスペイン料理です。
Dando la Brasaではマグロを海藻やゆず、お酒と混ぜ合わせ日系料理として提供しています。

最後まで期待を裏切らない美味しさ

最後まで期待を裏切らない美味しさ

Dando la Brasaはデザートまで期待を裏切りません。
こだわりのジェラートの盛り合わせ(6ユーロ)から、チョコレートガナッシュ(7ユーロ)、コンデンスミルクを使ったバスク地方のサンドクッキー(6.5ユーロ)などバラエティー豊かで迷ってしまいます。
私はジェラートが大好きなので、チョコレートとバニラのデザートを食後に頂きました。
とっても濃厚なチョコレート味のジェラートと酸味の効いたソースが相性抜群でした。

お店情報

お店情報

Dando la Brasa (ダンド・ラ・ブラサ) 
アクセス:ビルバオ市内Abando駅から徒歩10分。
TEL:+34 94 675 6196
営業時間:日〜木 11:00-01:00 金〜土 11:00-02:00 
ホームページ:http://www.dandolabrasa.com/ 

ビルバオからメトロで20分ほどのGetxoにも姉妹店があります。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/08/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索