さん(する)

掲載日:2018/06/04

【スペイン】ビルバオのソウルフードを作ってみよう!

『バカラオ・アル・ピルピル』なんだか面白い名前ですよね? 実はこちら、鱈を使ったビルバオの伝統料理なんです。 今回はビルバイーノのソウルフード、バカラオ・アル・ピルピルのレシピをご紹介します。

カテゴリ:グルメ/スイーツ エリア:ヨーロッパ  スペイン  ビルバオ キーワード: おいしい レシピ 手作り 専門店 食べ物 地元

ABガイド:Hanna

Hanna
ドイツと日本のハーフ。2016年にスペインへ移住し、現在はビルバオの雑誌社で勤務。ドイツ語、スペイン語、英語と語学力を活かし翻訳活動も行う。

樽の中で出来上がった?!

樽の中で出来上がった?!

バカラオ・アル・ピルピルに使うのは鱈、オリーブオイル、にんにくの3つの材料のみ!
鱈を低温でゆすりながら調理するのですが、このレシピ、漁船で鱈を樽に入れて運んでいる間に船が揺れ、その動きでバカラオ・アル・ピルピルが出来たという説があります。
本当かどうかは分かりませんが、船に揺られるように長時間ゆすり続けるのでかなり忍耐のいるレシピです。

調理工程はとってもシンプル

調理工程はとってもシンプル

時間はかかるものの、作り方はいたって簡単です。
オリーブオイルとにんにくを温めた鍋に鱈を入れ、弱火で調理します。
その際に鍋を小刻みに揺らすことで、鱈から出るゼラチンがオリーブオイルとにんにくと混ざり、だんだんととろみがついて来るのです。
このとろみがバカラオ・アル・ピルピルのソースとなります。

材料(4人分)
鱈の塩漬け 4切れ
にんにく 5片
オリーブオイル 300 ml

火加減、ゆすり方などコツも必要ですが、1番必要なのは忍耐力。
約1時間ほどゆっくりと時間をかけて調理します。

初ピルピルはピンチョスでトライ!

初ピルピルはピンチョスでトライ!

バカラオ・アル・ピルピルはピンチョスバルでも気軽に食べることが出来ます。
バゲットに乗ったミニサイズのバカラオ・アル・ピルピルのピンチョスは、ビルバオを訪れたら絶対に食べて頂きたいピンチョスのひとつ!
とろりとクリーミーなソースはパンとの相性も抜群です。

街には鱈の専門店まで!

街には鱈の専門店まで!

ピルピルのほかにも、ビルバオには鱈を使った伝統料理がたくさんあります。家庭でもよく食べられる魚なので、街には鱈の専門店まであります。
鱈は通常塩漬けで売られており、数日水に浸して水抜きをしてから調理するのですが、専門店では調理方法に合わせて、既に水抜きをしてある鱈を用意してくれます。
日本では鱈は冬が旬ですが、バスク地方では年間を通して食卓に並びます。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/06/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索