国際的なリゾート地、ベニドルム

スペイン南東部バレンシア州のアリカンテは、国内のみならずヨーロッパ各国からバカンスにやってくる人々が集まる国際的なリゾート地です。なかでも郊外にある同じアリカンテ県のベニドルムは、町やビーチがきれいに整備&開発され、広いキャンプサイトもあることから特に外国人観光客でにぎわう町になっています。そのためこのベニドルム周辺には、遊園地や動物園、レジャープールなどの娯楽施設が揃っていますが、特におすすめしたいのが、山の上にある一風変わった動物園「ムンドマール」です。

ムンドマールの頂上でイルカショーが行われる ムンドマールの頂上でイルカショーが行われる

ベニドルム駅からバスを使ってムンドマールへ

ベニドルム周辺の各施設は基本的に車で行くことを想定して作られており、レンタカーのない方はトラム(路面電車)とバスを乗り継いで行くことになります。と言っても行き方は非常に簡単。アリカンテから1番線のトラムに乗って1時間ほど、終点のベニドルムへ向かいます。そこから1番のバスに乗り、終点のムンドマールまで行きます。どちらも乗ってしまえば迷うことはありません(ちなみに、レジャープールの「アクアランディア」もすぐ隣にあります)。

チケット購入はお得なオンラインで

ムンドマールでは、主に鳥類、小型哺乳類、海洋哺乳類が飼育されており、フラミンゴやペンギン、キツネザル、ミーアキャット、アルマジロ、そしてイルカやアシカのほかたくさんの動物を見ることができます。全体が傾斜面に作られており、山を上っていきながら動物たちを見るような形になります。バカンスを楽しむ観光客向け施設なので、大人30ユーロ(子ども24ユーロ)というかなり強気の価格設定がなされていますが、施設はきれいに整備されておりスタッフも豊富、それぞれの動物たちのエリアも工夫されているので、お子さん連れのご家族の方、動物園が好きな方には納得のいく内容だと思います。また、ネットでチケットを購入すれば平日なら大人24ユーロ(子ども20ユーロ)になるのでぜひ利用しましょう。

ショーの時間を確認して回ろう

ムンドマールを十分に満喫する上でぜひ気にかけていただきたいのがイルカショー、アシカショー、オウムショーの時間。それぞれのショーは一日2〜3回行われていますが、時間帯がちゃんと考慮されており、各エリアをまわりながらちょうど良く見れるようになっています。特に施設の頂上にあるイルカのステージは、ベニドルムの町並みと地中海を眺めながらショーが楽しめるという贅沢な作りになっているので必見です。また、ショーだけでなく、動物たちにエサをあげて一緒に記念写真を撮るサービス(有料)も時間を分けていくつかのエリアで行われているので、旅行の記念が欲しい方におすすめです。