地中海が美しいリゾート都市アリカンテ

スペイン南東部、バレンシア州に属するアリカンテは、砂浜の美しいビーチと国際便が活発なアリカンテ=エルチェ空港を擁することもあり、特に他のヨーロッパからの外国人観光客が多く集まるリゾート都市として栄えています。他のスペインの観光地と比べると歴史的な名所は多くありませんが、主に海水浴やクルージグを楽しむ観光客が楽しむところなので、地中海を眺めながらのんびりと過ごしたい方におすすめの観光地です。今回は、そんなアリカンテの町の中心にそびえるサンタ・バルバラ城をご紹介します。

ベナカンティル山の上にそびえるサンタ・バルバラ城 ベナカンティル山の上にそびえるサンタ・バルバラ城

ベナカンティル山の上にそびえるサンタ・バルバラ城

アリカンテのビーチからほど近い、標高166メートルのべナルカンティル山に、イスラム教徒によって9世紀に建てられた城砦、サンタ・バルバラ城があります。現在残っているのは16世紀以降キリスト教徒によって建てられた部分のみとなっていますが、山の上に立つその雄大な姿は圧巻で、アリカンテの代表的な観光スポットとなっています。サンタ・バルバラ城へは山のふもとから上っていける道が数か所整備されているほか、海岸沿いの道路から入れるトンネル内に、頂上へ登るエレベーターもあります。サンタ・バルバラ城の展望台からはアリカンテの市街地と地中海が一望できます。

頂上には町や城の歴史に関する展示スペースやカフェテリアも

頂上では城の跡地や町の眺望を楽しめるだけでなく、城内の展示室にあるアリカンテやサンタ・バルバラ城に関する展示も見ることもできます。また、多くのテラス席があるカフェテリアもあり、眺望を楽しみながら飲むビールも格別です。サンタ・バルバラ城の開場時間は通年10時からで、閉場は冬期(10〜3月)は20時、春・秋期(4〜6月及び9月)は22時、夏期(7〜8月)は24時です。昼間に海水浴を楽しんだあと、夕焼けや夜景を眺めるために訪れるのも良いと思います。アリカンテに立ち寄ることがあれば、ぜひ一度はサンタ・バルバラ城へ行かれることをおすすめします。