page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・バルセロナ・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

伝説のミュージシャンが活躍した、バルセロナの老舗JAZZ BAR


掲載日:2007/08/13 テーマ:お酒・バー 行き先: スペイン / バルセロナ

タグ: バー・パブ 音楽


バルセロナでJAZZ BARといえば・・・

JAMBOREE看板。入場前に列ができています JAMBOREE看板。入場前に列ができています

バルセロナの夜、軽く音楽でも聴きに行きたい!と思ったら、このJAZZ BARがお勧めです。この"JAMBOREE”、バルセロナでは数少ない老舗のJAZZ BARの一つです。ELLA FIZGERALD,CHET BAKER、TETE MONTOLIUなどの伝説のジャズミュージシャンたちがここを舞台にしたことでも知られています。その伝統を守るかのように、現在でもジャズのライブが続いています。
バルセロナには他にも、JAZZ専門のBARは数軒あるのですが、なによりも毎日演奏があるということ、またレベルの高い音楽家が集まっているということ。そしてJAZZ好きな人のために良心的な値段で提供しているのがここ! 音楽にこだわりたい人のためのJAZZ BARです。

旧市街の建物の地下に!

毎月演奏している顔なじみビックバンド、CARRASCOSA氏率いるB.A.b。迫力あります! 毎月演奏している顔なじみビックバンド、CARRASCOSA氏率いるB.A.b。迫力あります!

このBARがあるのは、旧市街の中心地・レイアール広場。市民が集う広場として19世紀に修道院を改装してできた広場です。現在でも広場にはレストランがカフェが集まっていて、いつも大勢の人であふれています。中でも、ガウディの初期の作品であるガス灯は、観光スポットとしても有名です。
さて、Barは19世紀の建物の地下に位置しています。店内に入り、階段を下りていくと薄暗い、決して大きくはない、100人着席できるかできないかのスペースに驚きます。演奏者と一体感を感じられる、贅沢なスペースなのです。また天井はカタルーニア地方独特の建築様式の丸天井(薄レンガ)がとても印象的です。

生演奏は毎日!

現在演奏出演しているのは、まだ名の知られていない地元のジャズバンドから世界の有名スターまでと幅広く、様々なJAZZ音楽に出会うことできます。毎日ライブがあり、月曜日は9時、それ以外の日は9時・11時の2回の演奏です。演奏者にもよりますが、当日でも早めに行けば、入場できるので、夕食前後に一杯飲みながら、気楽にJAZZ演奏を楽しむのはお勧めの場所です。(入場料はアーティストによりますが3〜25ユーロ ドリンク別)

夜はディスコへ

このバー、JAZZのコンサートの後、深夜0時〜はディスコとしても知られています。音楽はHIP HOP系。中心地にあることから平日でも観光客&地元の人で大賑わいなのです。滞在中に、JAZZの音楽を聞いたり、ディスコに行ったり!とスペインの夜をエンジョイされてはいかがでしょう?

【関連情報】

■JAMBOREE
住所:PL.REIAL 17
電話:93 319 1789
URL:www.masimas.net
営業時間:月9時 それ以外 9時・11時 ディスコ0時から早朝まで
定休日: なし

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/08/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索