page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・バルセロナ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

バルセロナで一番古いレストランで、伝統カタルーニア料理を!


掲載日:2007/09/20 テーマ:グルメ 行き先: スペイン / バルセロナ

タグ: グルメ レストラン 名物


創業1786年!バルセロナで現存する最も古いレストラン

レストランは旧市街の小道に。看板にはちゃんと1786年創業と! レストランは旧市街の小道に。看板にはちゃんと1786年創業と!

バルセロナには何世代も続いている、老舗レストランというのは沢山あるのですが、この"CAN CULLERETES”は創業なんと1786年!ギネスブックによると、バルセロナで現存するレストランで一番古いレストラン、スペイン全国でも2番目に古いレストランといわれています。長い歴史の中で、訪れたアーティスト、著名人も数多く、現在でも美味しい伝統カタルーニア料理を食べさせるお店として、週末は予約をしないと席が取れないほどの有名なレストランです。

小さなスプーンの家?名前の由来は

店内のインテリアもレトロ!タイルや絵画などで一杯。時代を感じます 店内のインテリアもレトロ!タイルや絵画などで一杯。時代を感じます

もともとはお菓子屋さんとしてオープンしたのが、現在のように料理を出すようになったのは1900年頃といわれています。レストランとしての名前"CAN CULLERETES”はカタルーニア語で"小さなスプーンの家”という意味。初めてメタルのスプーンを出したレストランだったからとか、中でも有力な説は、沢山の人で賑わっていつもスプーンが足りなくなってしまい、デザートになるとお客さんが『スプーン!』と叫んでいたからだ、などと言われています。

家庭的な伝統カタルーニア料理を!

これが名物カネロニ!パスタの中に肉やほうれん草がつめられて、クリームソースがたっぷり。こんなボリュームなのに前菜として食べるのです! これが名物カネロニ!パスタの中に肉やほうれん草がつめられて、クリームソースがたっぷり。こんなボリュームなのに前菜として食べるのです!

さて肝心の料理ですが、この地方の伝統料理を食べることが出来ます。カネロニ(ほうれん草やお肉の詰めたパスタ料理)、カタラン風ほうれん草(松の実、レーズンの入ったほうれん草の炒め物)、クリスマスによく食べられるESCUDELLA(パスタなど入っているお肉のスープ)、カタルーニア風ソーセージ、タラの料理など等。素朴で家庭でもよく食べられている料理ばかりなのです。デザートは名物カタルーニア風クリームを是非お試しください!前菜からメイン、デザートと名物料理のフルコースを堪能できること間違いありません。

雰囲気も人気の秘訣

デザートのカタルーニア風クリーム。カスタードクリームの上にキャラメル。この地域のデザートの定番です デザートのカタルーニア風クリーム。カスタードクリームの上にキャラメル。この地域のデザートの定番です

バルセロナ一番古い!ということで観光客向けのレストランだと思っていたら大間違い。地元の人にも人気なレストランなのです。素朴な家庭料理、そして店内のインテリアも1900年頃の絵画や写真で飾りつけられていて、レトロな雰囲気。食器もサービスも素朴で、そんなとことがまた魅力的。古きバルセロナを想いながら、食事を楽しめるのです。普通に美味しい料理を良心的な値段で食べられるレストラン。バルセロナで貴重なレストランの一つです。

【関連情報】

■CAN CULLERETES
住所: C/ Quintana, 5
電話: 93 317 30 22
URL : www.culleretes.com/
営業時間:13:30-16:00 21:00-23:00
定休日:月曜日・日曜夜・7月夏休み・クリスマス・イースター
予算:20−30ユーロ 英語メニューあります!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/09/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索