page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・バルセロナ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

手を真っ黒にして食べよう!体も温まる!カタルニア名物料理 “カルソッツ”


掲載日:2007/11/22 テーマ:グルメ 行き先: スペイン / バルセロナ

タグ: おいしい グルメ 名物 野菜


寒くなってきたら旬!冬限定の料理

これが真っ黒焦げのネギ!瓦の上で焼かれています これが真っ黒焦げのネギ!瓦の上で焼かれています

クリスマスも過ぎ、バルセロナでも寒さが厳しくなってくると『週末にカルソッツ食べに行かない??』とか『カルソッツはもう食べた?』という声がちらほらと聞こえてきます。カルソッツとはタラゴナVALLSの名物料理(バルセロナから100KMほど)のネギのことです。ただのネギ?!と思われる方も多いと思いますが、このネギほかのねぎとは比べものにならないほど、甘〜いのです。初めて食べたときはこれがネギ?!とその甘さに驚いたほどです。

手を真っ黒にして食べるのが本格的

カタルーニア地方の名物ロメスコソースにつけてたべます カタルーニア地方の名物ロメスコソースにつけてたべます

郊外の本格レストランに行くとまずはエプロンとお手拭が用意されています。ネギは瓦の上に焼かれ、真っ黒になってテーブルに。これ食べれるの?!と初めはビックリしてしまうでしょう。丸こげになったネギを手でとり、焦げた部分を丁寧にむいていきます。綺麗にむけて白い部分だけになったら、ネギの先をもって名物ロメスコソース(アーモンド、パプリカなどが入ったソース)をつけて、そのまま口へ!ソースが素材の味を引き立て、ネギの甘さがなんとも美味!手を真っ黒にしながら、パクパクと瓦のお皿一杯のネギを食べるのです。

フルコースは……

口を大きく開けてパクリとたべよう 口を大きく開けてパクリとたべよう

郊外のカルソッツを食べさせるレストランに行くと、殆どのところでセットメニューが用意されています。前菜はこのカルソッツ(ネギ)一杯!そしてメインにはブティファラとよばれるカタルーニア風ソーセージやラムの炭焼きの白いんげん豆添え。デザートには名物のカタルーニアクリーム。そして最後はCAVA(地元のスパークリングワイン)で締めれば、地元名物料理を堪能できるうでしょう。どれもシンプルな料理ですが、この土地ならではの素材の味を味わえます。

バルセロナ市内でもカルソッツを

バルセロナ市内ではこのようにワイルドに(手で!)カルソッツを食べれるレストランは多くないのですが、沢山のレストランでカルソッツが季節の料理として出されています。この時期バルセロナに訪れたら、そのネギの味を味わってみてください。ロースト専門レストランなどでは、看板にカルソッツあります!と出ていることも。メニューにカルソッツを見つけたら,是非ご賞味ください。きっとネギのイメージが変わることでしょう!

【関連情報】

カルソッツ:1月〜3月ごろ

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索