page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・バルセロナ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

モデルニスモ建築の工場が文化センターに!“CAIXA FORUM”入場料も無料です


掲載日:2008/01/28 テーマ:観光地・名所 行き先: スペイン / バルセロナ

タグ: お得 建築


モデルニスモ建築が点在する街、バルセロナ

レンガ作りのCAIXA FORUM正面。こんな凝ったデザインの工場だったなんて! レンガ作りのCAIXA FORUM正面。こんな凝ったデザインの工場だったなんて!

バルセロナでは19世紀末から20世紀初頭にかけてモデルニスモ建築様式(カタルーニア・アールヌーボー)と呼ばれる、ガウディやドメネク・イ・モンタネールを代表とする個性的で華麗な建築が流行しました。現存する建物も数多く、これらの建物を観光を目的にバルセロナに訪れる方も多いことでしょう。街中に点在するモデルニスモ建築がバルセロナの独特な雰囲気を作り出し、世界中の人を惹きつける街にしているのでしょう。

もとは繊維工場だったモデルニスモ建築 

塔には以前の工場の名前CASARAMONAがそのまま残されています 塔には以前の工場の名前CASARAMONAがそのまま残されています

今回ご紹介するCAIXA FORUMは、長い間利用されていなかったモデルニスモの建物を修復改装し、2002年に文化センターとしてオープンしたものです。もともとこの建物は繊維工場(FABRICA CASARAMONA)でした。1912年にJosep Puig i Cadafalch(プッチ・イ・カダファル)によって設計されたものです。レンガで出来たオリジナルの建物を保存したまま、入口などはモダンな要素が加わりました。

大きな文化センターへ生まれ変わる

モンジュイックの丘のふもとに位置し、もともと工場だっただけあり12,000平方メートルの広さ! 4つの展示会場、そしてコンサート会場、イベントスペース、メディアライブラリー、カフェテリアなど備えている大きな文化センターなのです。展示会場ではモダンアートから古代アートまで多種多様な展示が年間を通して楽しむことが出来るのです。もちろん建物の内部も興味深く、修復の歴史などの写真の展示もあり、文化センターとして生まれ変わったモデルニスム建物を肌で感じることができるでしょう。

入場料は無料なのです!地元の人にも人気スポットです

オープン当初からこの文化センター地元の人にとって人気スポットとなりました。興味深いイベントが行われ、また“LA CAIXA”という大手銀行が社会事業一貫として運営しているので、展覧会などの入場料は無料なのです!(注:音楽コンサートなどは一部有料のものも) 建物を見に行くだけでも、展示会を見ても、コンサートに行ってもと色々な楽しみかたができるスポットです。

【関連情報】

■CAIXA FORUM BARCELONA
住所:Av. Marques de Comillas, 6-8 08038 Barcelona
TEL:93-476−8600
営業時間: 月−土10:00-20:00 日20:00-22:00
休館日: 12月25日 1月1日 1月6日
http://obrasocial.lacaixa.es/centros/caixaforumbcn_es.html

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/28)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索