page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・バルセロナ・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

建物も必見!地域のイメージを変えたバルセロナ現代美術館


掲載日:2008/03/10 テーマ:美術館・博物館 行き先: スペイン / バルセロナ

タグ: すごい! 建築 美術館


地区をがらりと変えた美術館

旧市街に突然現れる、白い大きな斬新な建物!ガラスが沢山とりいられています 旧市街に突然現れる、白い大きな斬新な建物!ガラスが沢山とりいられています

MACBA(マクバ)という愛称で地元の人々に親しまれているバルセロナ現代美術館は、旧市街地RAVAL(ラバル)という再開発地区に1995年にオープンしました。このRAVALという地域は、MACBAが出来る前は近寄らない人が多かった言われているほど、危険な地区の一つでした。町の再開発地域に指定され、美術館がオープンしてからというもの、今ではバルセロナで最もホットな地域といってもよいほど、おしゃれなお店や素敵なレストランが増え、大きく変化しています

現代アートに興味がある人はもちろん、建築に興味がある人も!

夏の夜の美術館にあるバー。ライティングも素敵です! 夏の夜の美術館にあるバー。ライティングも素敵です!

旧市街の道は、くねくねとした細い道で迷路のよう。そんな地域のど真ん中に美術館は位置しています。石畳の道からこの美術館にたどり着くと、ガラッと変わる大きな空間。真っ白い、斬新な建物が突然現れるのです! 白がトレードマークといわれれる、アメリカ人建築家リチャード・マイヤーによる作品で、ガラスを沢山取り入れ、館内は自然光の明るい空間が広がっています。外の旧市街の喧騒とは対象的な空間が作られています。建物は今ではすっかりラバル地区の顔となっているようです。

豊富な現代アートコレクション

このMACBAには1950年以降の現代アート作品が展示されていて、特にカタルーニア地方、スペイン人のアート作品のコレクションが豊富です。ミロやタピエスをはじめとする常設展が半分を占めていますが、数ヵ月ごとに変わる展覧会では、新人アーティストの作品展や映像展など、興味深いアート作品に触れることができます。空間も大きいので、大きな作品もゆったりと鑑賞できるのです。

夏にバルセロナにいたら、夜のミュージアムはオススメ!

夏にバルセロナにいる機会があったら、夜の美術館というのもオススメです。毎週木曜と金曜は、0時までオープンしているんです。夕食を食べる前、そして食べてから、夜にアート鑑賞して…と贅沢な時間を過すことが出来るのです! 最後にひとつだけ、このあたり治安が良くなったといってもまだまだ、全く安全な地域ではありません。あまり人通りの少ない、細い道には行かないようにしてくださいね!

【関連情報】

■ MUSEU D'ART CONTEMPORANI DE BARCELONA(MACBA)
バルセロナ現代美術館
住所:Pl. del Angels, 1 08001 Barcelona
Tel : 93 412 08 10
http://www.macba.es (カタルーニア語・英語・スペイン語)
開館時間:9/25-6/23 11:00-19:30(平日)10:00-20:00(土) 10:00-15:00(日・祭日)
6/24-9/24 11:00-20:00(平日)10:00-00:00(木・金)10:00-20:00(土)10:00-15:00(日・祝)
休館日:火曜日.1/1 .12/25

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/03/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索