page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・バルセロナ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

オリンピックで大きく変わった地域 BARCELONETA(バルセロネータ)


掲載日:2008/03/11 テーマ:観光地・名所 行き先: スペイン / バルセロナ

タグ: すごい! ビーチ 街歩き


天気の良い日は散歩に最適!

フランク ゲーリー作品のFLYING FISH。バルセロナのビーチの顔ともいえる、巨大な魚。その大きさに圧倒されます! フランク ゲーリー作品のFLYING FISH。バルセロナのビーチの顔ともいえる、巨大な魚。その大きさに圧倒されます!

バルセロナは地中海に面した街。旧市街から少し離れたところに、BARCELONETA(バルセロネータ)という海岸があります。この海岸は真夏になると海水浴をする多くの人で賑わいます。夏にバルセロナを訪れ、地中海の海水浴も楽しみたいという人にとっては手軽に海水浴を楽しむことができることでしょう。残念なのは日中は人が多いこと…そこで意外にお勧めなのが、真夏以外なのです。天気の良い日に海岸線を、地中海を眺めながらの散歩は忘れられない思い出として残ることでしょう。

もともとは漁港だった地域

天気の良い日は散歩に最適!真っ青な地中海を眺めながら、散歩を楽しみましょう! 天気の良い日は散歩に最適!真っ青な地中海を眺めながら、散歩を楽しみましょう!

バルセロネータはバルセロナでも最も大きなビーチで、その長さ1100メートルにもわたり、ゆったりとした砂浜が続きます。今でこそ、海水浴場、日光浴の場所として大人気のビーチですが、もともとこの地域は古い漁港の町でした。街はオリンピックを境に大きく変わりましたが、PASEO JOAN DE BORBONの通りをちょっと中にはいると小さな路地、古いアパートには洗濯物を干しているような、今でも昔の面影をみることができます。

CAFEやレストランで賑わい!美味しいシーフードもパエリアも

PASEO JOAN DE BORBONの通りにはレストラン、カフェが沢山ならんでいます。もともと漁港の地域だったこともあって、シーフード料理がこの地域ではお勧めです。中でも、MUSEO DEL LA HISTORIA DE CATALUNYAの下には、雰囲気のよいシーフードレストランが何軒も立ち並び、ヨットハーバーを眺めながら、天気の良い日にはテラスで美味しいパエリア、魚介料理を楽しむことができるのです。またBARCELONETAのビーチにも新しいおしゃれなCAFE、BARなどが並び、海を眺めながら一休みするのもよいでしょう。

巨大な魚!フランクゲーリのオブジェまで歩いてみよう!

バルセロネータの海岸をオリンピック村の方面に歩いていくと見えてくるのが、大きな金に輝く魚のオブジェ。バルセロナオリンピック村記念モニュメントとして建てられた、フランク・ゲーリ(Frank O. Gehry)の作品です。FLYING FISHという名の通り、まさに空とぶ魚! その大きさは横35メートル、長さ54メートル! 格子状のスチールで出来た巨大なお魚なのです。是非近くまで行ってそのスケールの大きさを感じてくださいね!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/03/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索