page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・バルセロナ・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

甘〜い香りを楽しみながら学べる!チョコレート博物館“MUSEU DE LA XOCOLATA”


掲載日:2008/07/11 テーマ:歴史 行き先: スペイン / バルセロナ

タグ: すごい! スイーツ 博物館


チョコレート好きには堪らない!

チョコレートで出来た像。細かい彫刻のような作品です。チョコレートで本当にできているのが信じられない! チョコレートで出来た像。細かい彫刻のような作品です。チョコレートで本当にできているのが信じられない!

バルセロナには数多くの美術館・博物館がありますが、中でもユニークな博物館といったらこのチョコレート博物館! チョコレートを好きな方には是非立ちよっていただきたい博物館です。入場すると館内に広がるチョコレートの甘〜い香り! そう館内にはチョコレートが一杯! バルセロナのチョコレート職人たちが作った、チョコレートの像が沢山展示されているのです。チョコレートの像に囲まれながら、チョコレートの世界にどっぷりと浸かりましょう。

意外に知らないチョコレートの歴史

チョコレートの製造に使われていた道具も チョコレートの製造に使われていた道具も

館内にはチョコレートの歴史などビデオや写真などでの説明があります。(西語、カタルーニア語のほかにも英語表記あり)チョコレートの起源は紀元2000年前のアステカ文明にさかのぼります。当時はスパイスなどを入れた、全く甘くないものでした。一種の神聖な秘薬のようなもととして用いられていたようです。コロンブスによってヨーロッパにチョコレートが伝えら、現在のような甘いものに変化して一般大衆に広がるまでの話など、興味深いものばかり。バルセロナは重要なカカオ輸入の主要港となり、そしてヨーロッパで初めてのチョコレート工房が建てられたのもバルセロナだったそうです!

博物館見学後は…もちろんチョコレートをカフェで

目印はピンクの建物のチョコレート博物館 目印はピンクの建物のチョコレート博物館

博物館をでるとなんとなくチョコレートに関して物知りになった感じです。やっぱりチョコレートを味わいたくなってしまうはず! 帰りに館内カフェでチョコレートを飲んで一休みしてみては? 夏は冷たいチョコレート、冬はホットチョコレートを味わうことができます。またショップにはチョコレート製品が沢山! 美味しいバルセロナ土産がみつかりそうです。

ピカソ美術館から近く!

この博物館があるのはバルセロナの観光名所のひとつ、ピカソ美術館のすぐそば。ピカソ美術館へ行く時にスケジュールに組み込んでみてはいかがでしょう? またこのエリアは、若者に人気のおしゃれなお店、レストランも多いので、街を探索するのも楽しいところです。街をぶらぶら、博物館、美術館に立ち寄り、おしゃれなレストランでお食事!と充実した1日を過せることでしょう!

【関連情報】

■チョコレート博物館 (Museu de La Xocolata)
住所: C/ Comerc, 36
TEL:93-268-7878 開館時間:10:00-19:00(月ー土)、10:00-15:00(日)
閉館日:火曜日 入館料:3.8ユーロ

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索