page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・バルセロナ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

天才建築家アントニオ・ガウディの故郷、モデルニズムの町「レウス(REUS)」


掲載日:2009/07/02 テーマ:観光地・名所 行き先: スペイン / バルセロナ

タグ: すごい! 街歩き 建築


アントニオ・ガウディの故郷

レウス(REUS)の町にはモデルニズムの建物が立ち並ぶ。モンタネールの作品も必見です! レウス(REUS)の町にはモデルニズムの建物が立ち並ぶ。モンタネールの作品も必見です!

サグラダファミリアをはじめ、多くの傑作を残したアントニオ・ガウディ(ANTONIO GAUDI)。日本をはじめ世界各国からそのガウディの建築を実際に見たいと、バルセロナに毎年数多くの観光客が訪れます。ガウディの作品はほとんどバルセロナに位置していますが、実はガウディの故郷はバルセロナから120kmほど南にあるレウス(REUS)という町。ガウディは幼少期をこのレウスで過ごしました。ガウディに興味のある人にとっては是非訪れてみたい町なのです。

モデルニズムの町、レウス

街の中心に出来たガウディセンター。ガウディの情報が満載です。最上階のレストランはディエゴ・カンポス(ミシュラン一つ星)シェフが監修するレストランです 街の中心に出来たガウディセンター。ガウディの情報が満載です。最上階のレストランはディエゴ・カンポス(ミシュラン一つ星)シェフが監修するレストランです

レウスは18世紀後半、蒸留酒、繊維業、貿易で栄え、カタルーニア地方で二番目に人口の多い町でした。またバルセロナと同様にモデルニズムの建物も数多くあります。中には世界遺産カタルーニア音楽堂の建築家として知られる、リュイス・ドメネク・イ・モンタネール(Lluis Domenech i Montaner)の代表作品もいくつか見ることが出来るのです。町に到着したら、まずは観光案内所で地図をもらい、レウス観光局のモデルニズムのルートに沿って街を歩いてみましょう!

ガウディセンター

有名な逆さ吊実験模型。鏡にはコロニアグエル教会完成図(未完の作品)を見ることができます 有名な逆さ吊実験模型。鏡にはコロニアグエル教会完成図(未完の作品)を見ることができます

このところレウスの町で話題なのが最近オープンしたガウディセンター(GAUDI CENTRE)。レウスの町の中心にある3階建ての建物はガウディの情報で一杯です。ガウディが作品の構想を書き留めたノートや、作品を再現したものなども展示されています。オーディオ・ガイド(西語・英語・仏語・独語)を聴きながら、ガウディ、そして彼の作品をより深く知ることが出来るでしょう。日本語訳での説明も所々にあるのが嬉しいです。

ガウディの生家も!

レウスの町は数々のモデルニズムの建物が立ち並び、街を歩いているだけでも楽しめるそんな街です。ガウディの生家、洗礼した教会などガウディゆかりの場所もいくつかあり、ガウディファンならば訪れたいところは多いでしょう! またモデルニズム建築のなかでもCASA NAVAなどは時間によっては見学も可能なので、観光局に問い合わせしてみることをお勧めします。それほど大きい街ではないのでバルセロナから日帰りでも十分まわることができるでしょう!

【関連情報】

■レウス(REUS):バルセロナから電車で約1時間半(RENFE)
■観光局サイト:http://turisme.reus.cat/
■ガウディセンター(GAUDI CENTRE)
住所:Plaza de Mercadal Reus
入館料:6ユーロ
閉館日:12月25日、12月26日、1月1日、1月6日
http://www.gaudicentre.cat/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/07/02)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索