page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・バルセロナ・城・宮殿の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

美しい内部も必見!バシリカとして認定されたサグラダ・ファミリア(LA SAGRADA FAMILIA )


掲載日:2011/04/22 テーマ:城・宮殿 行き先: スペイン / バルセロナ

タグ: 教会 建築 歴史


心を奪われる建築!ガウディの未完の作品

内部の天井部分が昨年完成!サグラダ・ファミリアの美しさを改めて堪能できます 内部の天井部分が昨年完成!サグラダ・ファミリアの美しさを改めて堪能できます

バルセロナのランドマークともいえる、ガウディ(ANTONIO GAUDI )の未完の作品、サグラダ・ファミリア(LA SAGRADA FAMILIA)。現在でも工事は続けられていますが、その独特的で大胆な建築は多くの人を魅了し、一度はこの目で見たいと世界中から多くの人が訪れます。また一度サグラダファミリアに訪れた人は、完成を目指す工事現場に、その軌跡をたどるべく、何度も訪れる人も多くいることでしょう。

正式にバシリカ教会堂として認定

ガウディの完成させたファサードの迫力は見るものの心を惹きつけます。 ガウディの完成させたファサードの迫力は見るものの心を惹きつけます。

2010年11月7日に教皇ベネディクト16世がによって献堂式が行われ、サグラダ ファミリアはローマ法王庁によって正式にバシリカ教会堂として認められました。まだクレーンも立ち、完成を目指して工事が続けらていますが、去年には内部の天井部分がすべて覆われました。かつて訪れたことがある人は、工事中の足場の中を歩いていた印象を持つ人も多いと思うのですが、現在では美しく幻想的なサグラダ・ファミリアの内部も堪能できるようになったのです!

完成はまだまだ?!それとも数年後?

ステンドグラスの明かりを楽しむには日が沈まないうちに! ステンドグラスの明かりを楽しむには日が沈まないうちに!

着工すでに約130年過ぎていますが、なによりも気になるのは完成はいつ?ということ。完成まであと100年以上、完成のめどがたたない・・・なんて言われていたこともありますが、あと30年ほどで完成するのでは?!なんて意見もあるほど、工事は急ピッチで進められています。現在でも高さ170メートルの主塔を含む約10本の塔の建設が残り、ガウディ没後100年にあたる2026年までに正面となる栄光のファサードを完成させたいと言われています。

行列は覚悟!でも並ばない方法も・・・・

現在でもクレーンが立ち、完成を目指し工事中 現在でもクレーンが立ち、完成を目指し工事中

サグラダ・ファミリアはスペインでも最も観光客が訪れるスポットの一つとわれているように、いつ行っても世界中からの観光客で入場の行列が途切れることはありません。時間的には朝一番の開館直前から入るのがお勧めです。またサグラダ ファミリアのウェブサイトにリンクにある、SERVI CAIXAから前売り券も買うことができます。前売り券は並ばないで別入り口から入場することが可能となり、時間の余裕のない観光客には嬉しい限りです。

【関連情報】

■La Sagrada Familia(サグラダ ファミリア・聖教会)
住所:Mallorca 401
開館時間:
≪10月−3月≫ 9:00−18:00
≪4月−9月≫  9:00−20:00
≪クリスマス 新年 12/25・26 1/1・6≫  9:00-14:00
http://www.sagradafamilia.cat/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/04/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索