page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・バルセロナ・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

バルセロナ近郊 大手ワイナリーFreixenetを訪れよう!


スペインのスパークリングワインのカヴァ

世界最大のスパークリングワイン生産者 フレシネ社。アンティークの車が素敵 世界最大のスパークリングワイン生産者 フレシネ社。アンティークの車が素敵

バルセロナから50kmほど離れたSant Sadurni d'Anoiaには、Cavaとよばれるスパークリングワインの生産地があり、多くのワイナリーが集まります。19世紀末にヨーロッパで広く害虫フィロキセラの災害に遭い赤ブドウから白ブドウの植え替えをはじめ、フランスの伝統的なシャンパーニュ手法でつくられたのがCavaの始まりと言われています。スペインの伝統品種マカベオ種、パレリャーダ種、チャレッロ種がメインの品種の白ブドウで作られています。カタルーニア地方では日常的にCavaを楽しみ、パーティーや食前酒にはもちろん、食事にもスパークリングワインを合わせ楽しみます。国内だけではなく、他ヨーロッパ諸国はもちろん、アメリカ、日本など世界中に輸出しています。

FREIXENET社の歴史

伝統的なシャンパーニュ方式で作られるカヴァ。 伝統的なシャンパーニュ方式で作られるカヴァ。

なかでも最大手のFREIXENET社は世界中にCava輸出していて、日本でも手に入るブランドの一つです。1861年、フェラー家のペドロ・フェラー氏によってフレシネ社が創設されました。FREIXENETという名前はフェラー家代々所有の農地Freixenedaから由来するとのことです。1914年にこの地でCava(カヴァ)作りをはじめ、世界で成功をおさめます。現在では世界でも最も大きなCavaの生産者となっています。
ワイナリーは観光もでき、バルセロナからの日帰りの旅行先としてもお勧めです。

ワイナリーの見学はトロッコで

トロッコに乗って見学出来るので子供連れにもお勧めです。 トロッコに乗って見学出来るので子供連れにもお勧めです。

見学は事前の予約が必須となります。見学の種類は色々とありますが基本の見学では歴史や製造法を学び、地下に続くカーブを見学します。所要時間は1時間半ほど。見学は英語、スペイン語、カタルーニア語、ドイツ語、フランス語と選択することができます。予約の際に時間によって言語を指定します。二種類のカヴァを試飲することができ、ワイン好きの方にはおすすめです。地下に続く昔ながらのカーブから近代的な工場まで見学はこのフレシネ社の成長そしてカヴァつくりの歴史を感じることでしょう。ワイナリーというと子供連れは難しいかな?と思いますが館内はトローリーにのって見学するなど、子供でも楽しめる要素があり、お勧めです。子供には試飲の際はぶどうジュースが楽しめます。

Sant Sadurni d'Anoiaの町

非常に近代化が進んだワイナリー。瓶詰めなど完全に機械化されています 非常に近代化が進んだワイナリー。瓶詰めなど完全に機械化されています

町の中はワイナリーが多く位置し、もし時間があればFREIXENETとはまたタイプの違うワイナリー(小規模生産のワイナリー)を見学してみるのもお勧めです。ほとんどのワイナリーが予約して見学可能です。年に一度のCAVATASTという地元のお祭りもあり、収穫祭となります。2019年度は10月4,5,6日に行われます。町の多くの人がこのワインの仕事に従事しているという町でところどころにお店やワイナリーもあります。また美味しいレストランも多くあり、ワイン好きには一日ゆったりと回るのがおすすめです。

【関連情報】

FREIXENET

住所:Plaza de Joan Sala, 2
08770 Sant Sadurni d'Anoia
Sant Sadurni d'Anoia駅目の前

予約サイト(英語あり)
https://www.freixenet.es/en/wine-tourism/freixenet-wineries/visit-the-wineries

CAVATASTのサイト
http://www.santsadurni.cat/cavatast

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/08/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索