page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
スペイン・バルセロナ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

煮込み料理がお勧め!美味しい家庭料理が食べれるGELIDA


ホッとするカタルーニアの家庭料理

家庭料理を食べられるレストランGELIDA。赤いお豆の煮もの。(PINTAとよばれる)お肉の味が染み、ブラッドソーセージまではいっている! 家庭料理を食べられるレストランGELIDA。赤いお豆の煮もの。(PINTAとよばれる)お肉の味が染み、ブラッドソーセージまではいっている!

カタルーニア料理というとミシェラン星付きレストランを代表に洗練された小皿料理やタパス料理を想像する人が多いと思いますが、カタルーニア料理は素朴な家庭的な料理も多いのです。寒くなるこの季節に食べたくなる料理の一つが、お肉や豆などを野菜と一緒に煮込んだお料理です。長い間コトコトと煮込んだ料理は体の芯から温まり、ほっと安心できる料理なのです。スペイン全域にあるお料理ですが、それぞれの地域によっても入れる食材も異なります。

レストランでも食べられる!家庭料理

グリーンピースの煮込み料理。こちらは比較的スペインでは一般的。 グリーンピースの煮込み料理。こちらは比較的スペインでは一般的。

バルセロナには数多くのレストランがありますが、今回ご紹介するのはカタルーニアの家庭料理が食べられるレストランGELIDA(ジェリーダ)。バルセロナ家族経営のこのレストランは70年代から変わっていないような一見普通の古いバルですがランチ時には長蛇の列ができる人気レストランです。人気の秘訣は美味しい家庭料理を食べられること!定番の料理はもちろん人気ですが、黒板に書かれた本日の料理には季節の食材を使い、寒くなると煮込み料理が増えています。

寒くなると食べたくなる煮込み料理

URGEL駅近くにあるお店 一見すると普通の古いバルような雰囲気 URGEL駅近くにあるお店 一見すると普通の古いバルような雰囲気

私自身、寒い日が続くと食べたくなるが先ほどご紹介した煮込み料理。お豆にお肉、(中にはブラッドソーセージやモツなども)の煮込み料理はボリュームもあり、体も温まります。冬や秋限定で出てくる豆料理もありますが、レンズ豆の煮込み(LENTEJA)やひよこ豆の煮込み(GARBANZO)も定番料理としていつも食べることができますどの料理も昔からカタルーニアの家庭で食べられている料理ばかりです。スペインでは食事というと一般的に前菜、主食と二皿の料理を食べます。ちなみにお豆の煮込み料理はスペインでは前菜として食べられることが多いようです。

席を取るのは困難!ピーク時を外す方がベター

こちらはお肉の煮込み料理。これで一人前とボリュームたっぷり こちらはお肉の煮込み料理。これで一人前とボリュームたっぷり

レストランは朝7:00−22:00とノンストップ営業となり、朝食から夕食まで利用可能です。昼時は非常に混むこと、また予約も不可能、相席も覚悟しないといけないという状況です。ゆっくりと食べるようなレストランではありませんが、少しでも落ち着いて食べたいという場合は、スペイン人の食べる時間を外すほうがベターです。(混雑時間13:00−16:00)早めのランチもしくは夕方早目のディナーがお勧めです。

【関連情報】

カタルーニア名物カタツムリの煮込みも!こちらはおつまみで。 カタルーニア名物カタツムリの煮込みも!こちらはおつまみで。

■GELIDA (ジェリダ )
住所:Carrer de la Diputacio, 133
営業時間:7:00−22:00 (土曜日は16:00まで)
定休日:日曜日

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2021/01/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索