スペインならではのポテトチップス

これこそ買って帰りたいのに帰れないお土産といえば生ハムです(検査証明書のない肉製品は日本への持ち込み不可です)が、その代わりに生ハム味のポテトチップスはお土産にどうでしょう。レイズLay'sやプリングルスから生ハム味のポテチが出ていてなかなか美味しいですよ。またオリーブオイルで揚げたものもスペインらしくていいかも。サッカーファンにはレアル・マドリッドやバルサのパッケージのポテトチップス(塩味)なんていうのもあります。

チュッパチャプスはスペインのお菓子

みなさん、チュッパチャプスがスペインのものだったってご存知でしたか?この有名な棒つきキャンディー、なんとバルセロナ生まれなんです。あのロゴマークは、カタルーニャ出身のシュールレアリズムで有名な画家ダリのデザインです。スペインでも商店のレジ横やキヨスクあたりに必ず置いてある、おなじみのお菓子で、袋入りのアソートもスーパーで売られています。「このデザインは画家のダリのものなんですよー」なんてウンチクとともに配るといいかもしれませんね。

じつは天然塩の産地なのです

スペインは各地に塩田があり、天日干しのミネラルたっぷりの塩を生産しています。水色のパッケージのイビサの塩は土産物屋でよく見かけますが、ばらまき用にはちょっと高いかなーってくらいのお値段です。そこで、名より実を取るお友達には、是非スーパーで売られている普段使いの塩をお土産におすすめします。パッケージは別段おしゃれではありませんが、おなじ天然塩です。美味しいですよ。

金髪のペコちゃんマークのヒマワリの種

中国人の大好きなおやつ、ヒマワリの種。なんとスペイン人も大好きだということを知ってビックリしたものです。サッカーのスタジアムでの試合観戦のお供に必携で、みんなペッペペッペと殻を吐きだしながら応援するので床が殻だらけになります。小袋に入って商店やキオスクで売られていますが、金髪のペコちゃんのパッケージのものが話の種になるしおすすめ。ヒマワリの種はパッケージにPIPACHIC、ジャイアントコーンはKIKONAZOと書かれています。ちなみにペコちゃんはMiss Palomita=ミス・ポップコーンというお名前です。