ヨーロッパでは炭酸入りのミネラルウォーターがよく飲まれている

ヨーロッパでは炭酸入りのミネラルウォーターが人気です。街歩きの間や移動中は普通の炭酸なしのミネラルウォーターを持ち歩きますが、ちょっとカフェで休憩するときやレストランでの食事には、炭酸入りをオーダーする人が多いです。私はスペインに来た当初は不味く感じましたが、慣れてくると乾燥したスペインの空気の中で飲む炭酸水のビリビリした刺激がやみつきになり、ビールを避けたいときには代わりに炭酸水を飲むようになりました。ちなみに、スペイン語で炭酸水はアグア・コン・ガスagua con gasといいます。

その刺激に慣れたらもう普通のミネラルウォーターには戻れない?−炭酸水のすすめ− その刺激に慣れたらもう普通のミネラルウォーターには戻れない?−炭酸水のすすめ−

天然の炭酸水の効能

採水したあとに人工的に炭酸を加える水もありますが、ヨーロッパには元々炭酸が含まれている天然のミネラルウォーターがたくさんあります。そしてこの天然の炭酸水には驚くべき効能がたくさんあるのです!ヨーロッパでは昔から炭酸水を医学的治療のために、飲用や入浴によって利用してきました。とくにドイツでの研究が盛んで、炭酸泉の温泉治療ではバート・ナウハイム温泉が有名です。炭酸水の効能としてまず挙げられるのは血管の拡張作用で、血行を促進して新陳代謝を活発にし、冷え性も改善されます。また、炭酸ガスが腸を刺激し便秘を解消、体内を弱アルカリ性に保ち疲労回復にも効果あると言われており、旅行中の体調維持にもぴったりです!

ダイエットや美容にも効果あり

炭酸水の効能はこれだけではありません。女性に嬉しい効能としては、まずダイエット効果もいわれています。食事やおやつの10分前にまず炭酸水をコップに1杯飲み、それから食べるときにも一緒に飲むと、満腹感が得られて食べ過ぎを防げます。また、血行促進と新陳代謝の活性によってお肌の調子がよくなり、潤いと張りを与えてくれるというのです。いいことずくめの天然の炭酸水、こうなってくるとヨーロッパを旅行する間だけではなく、日本でも毎日飲んでみたくなりますね。

スペインの炭酸水のおすすめは

バルセロナから北東に100km、温泉地カルデス・デ・マルベーリャは炭酸水の採水地としても有名で、最もよく飲まれている炭酸水ビッチー・カタランVichy Catalanもここから採水されます。はじめは薬効のある温泉水として、薬局で売られていたんですよ。軟水で飲みやすいのですがちょっと塩味が感じられ、最初は不味いと感じるかもしれません。レストランで炭酸水を注文するとこの水が出てくることが多いですが、スペインのオリーブオイルを多用したヘビーな食事に合わせると口がさっぱりします。しかもこの水は消化を促進し毎日飲むとコレステロールが低下するというのですから、スペイン人の長寿の一端を担っているのかもしれません。